特集
カテゴリー
タグ
メディア

ビールはグラスに注ぐ角度によって味が変わる

cafeglobe

ビールはグラスに注ぐ角度によって味が変わる

cafeglobeより転載:飲み会の席で必ずといっていいほど話題にのぼるのが「美味しいビールの注ぎ方」。グラスを傾けたり、少し高い位置から注いだりと、それぞれ独自のメソッドを持っているかと思います。

では、いったいどれがいちばん美味しい注ぎ方なのでしょう? そんな疑問にお答えするべく、YouTubeに投稿されているこちらの動画から、4つの異なるタイプのビールの注ぎ方と、それぞれの特徴を紹介します

その1:グラスの角度45度

140814_beer_01.jpg

「典型的なアメリカ人の注ぎ方」として紹介されている方法。グラスを45度くらいに傾けて、ボトルの口をグラスのふちにつけて注ぎます。この方法では炭酸があまり抜けず、泡立ちが少ないという結果に。

その2:グラスの角度70度

140814_beer_02.jpg

グラスを70度くらいに傾けて注ぎます。指2本分のほぼ完璧な泡立ちです。

その3:グラスを置いて注ぐ

140814_beer_03.jpg

グラスを傾けずにテーブルに置いたまま、グラスの真ん中に向けて注ぎます。泡が落ち着くまで2分くらい待つと、指3本分のクリーミーな泡立ちに。ただ、この方法だと炭酸が抜けすぎて、やや苦みに欠けるという結果でした。

その4:グラスの角度を変える

140814_beer_04.jpg

はじめは45度くらい傾けて、少し高い位置から注ぎます。注ぎながらグラスの角度を垂直に戻していきます。この方法なら完璧な泡立ちに加え、苦みも抜けません

ちょっとしたグラスの角度の違いで、泡立ちや苦みに違いが出るのがわかります。クリーミーな口当たりが好みなら「その3」が、苦みを楽しみたいのなら「その4」がおすすめです。注ぎ方をマスターして、「デキる女はビールも注げる」なんて言われてみては?

How To Pour A Beer

泡立ち・苦味をカスタマイズ。おいしいビールの注ぎ方を極める |cafeglobe

(文/メーテル徹子)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next