特集
カテゴリー
タグ
メディア

ストレスフルな職場を変える、費用対効果の大きい10の方策

ストレスフルな職場を変える、費用対効果の大きい10の方策

あなたが起業家なら、ストレスについてよくわかっていると思います。では、あなたの会社の従業員についてはいかがでしょうか? そうです、従業員にもストレスはあります。ストレスが高まるとチームの生産性が落ち、感情的なつながりがなくなり、睡眠が不足します。

米ビジネス系サイト「Inc.」のGraham Winfrey氏は先週、「Scary Truth About Stress in the Workplace(職場のストレスに関する恐ろしい真実)」という、とても分かりやすいインフォグラフィックを公開しました。ストレスが原因で起こる病気の医療費と機会損失で年間3000億ドルもの損失が発生していることをご存知でしたか? なんと、小さな企業であれば年間3,000ドルでも相当なものです。今こそ、従業員のストレスレベルに関心を寄せるときです。それは、費用面だけでなく、従業員のことを気にかけていることを示すためでもあります。

今回ご紹介するのは、職場でチームのストレスを軽減するのに役立ち、お金のかからない(かかっても小額で実践できる)10の方法です。これを知っていれば、仕事以外でも健康的な習慣を身につけるのに役立つかもしれません。健康で幸せな従業員であれば、あなたのストレスレベルも同様に下がりますし、皆にとってメリットがあります。

1. 出社・退社の時間を従業員に任せる

いわゆるフレックスタイム制です。これは従業員にある種の独立意識を与えます。短時間労働よりストレスを軽減することが知られています。従業員が締め切りを守り、きちんと仕事をしているのであれば、それを何時にしているかは気になりますか? もちろん、一部の従業員は決まった時間にその場所にいなくてはいけないでしょう。チームメンバーに独立意識を与えるために働く時間を調整してみてもいいのではないでしょうか。

2. 栄養を与え、教育する

複数の研究結果によると、ビタミンBと良好なメンタルヘルスには相関関係があり、「オメガ3脂肪酸」は鬱や不安の症状を軽減します。未精白の炭水化物は、脳内ホルモンのセロトニンの量を調整し、心を平穏に保ってくれます。つまり、ストレス対策において「正しい食事をしているかどうか」とても重要なのです。

多忙な人はコンビニでスナック菓子を買い、机で食べていたりするものです。月に一度くらいは、健康的なランチセミナーを主催し、そのような習慣をなくす手助けをしてあげましょう。栄養その他の健康関連トピックについて話してくれる、地元の専門家は割とたくさんいます。

3. 話しかける

さまざまな会社の従業員と仕事をしていると、「職場で誰も気にかけてくれない」という不満をよく耳にします。頼んだことを先延ばしにされたこと、会社の状態がよくわからない、上司が求めていることがよくわからないといった不安はストレスの原因となります。従業員を放置してはいけません。彼らに期待していること、彼らの状態、彼らが改善できる内容、会社の将来についてコミュニケーションを図りましょう。

4. 考えるために休息をとりましょう

瞑想にはリラックス効果があると、これまでに聞いたことがあるのではないでしょうか。科学者は、瞑想によって脳の灰白質が増えていることを発見しました。これは、瞑想によって脳は物理的に作り変えられる、ということです。身体のストレスを減らす他のメリットとしては、認知機能の向上、免疫システムの強化、鬱や不安症状の軽減があります。

5. 笑わせる

面白い動画を見つけたら、オフィスで共有しましょう。あなたが耳にしたくだらないジョークも忘れないように。むしろ、週次ミーティングの最初にそれを持ち出してみましょう。どうしてもおもしろいことが言えないのなら、従業員の誰かを笑いの大使に指名しましょう。

6. 散歩しながらミーティングをする

チーム構成員が2、3名の場合、ミーティングのたびに会議室のテーブルに座る必要はありません。アップデートした情報やアイデアを共有しながら、少しばかり運動をしつつ外の空気を吸いにいきましょう。ルーチン作業中の休息は、ストレスからの解放にもなります。

7. リラックスできる香りを与える

純度の高いエッセンシャルオイルは体の緊張を和らげ、知的な明晰さを高めるのに役立つことはよく知られています。あまり高価でない超音波拡散器と高品質のエッセンシャルオイルをいくつか購入し、オフィスで嗅覚的な楽しさを慎重にシェアしてみましょう。もちろん、購入をする前にアレルギーや匂いへの敏感さについて予め確認しておきましょう。

8. 休息を促す

締め切りや依頼事項があると、肉体上・精神上のストレスが何時間も続きます。これは生産的ではありません。人間の脳は2時間毎、身体は1時間毎に休息が必要です。休息はわずか5分でも効果があります。ですから、従業員がどこに行っていたかとか、いつ机を離れたかを聞くのではなく、休息を取ることを促してください。

9. マッサージをする機会を与える

マッサージには心配、不眠症、頭痛、筋肉の緊張を和らげる効果があります。従業員に定期的にマッサージを受けてもらえれば、さらに仕事の効果が上がるでしょう。でも、従業員が定期的にマッサージを受けられる程、あなたは報酬を払っていないかもしれませんね。

世の中には、自身のマッサージの仕事を広める為、オフィスに寄って、従業員が椅子に座ったまま受けられる10分ほどのマッサージを施してくれるマッサージ師が大勢います。彼らに機会を与えてみてはいかがでしょう。

10. 植物で職場を飾る

カンザス州立大学で証明されたある研究によると、花が咲かない植物は血圧を低下させる効果があるそうです。手入れのあまり必要のない植物を職場に少し取り入れてみましょう。きれいな印象が生まれるだけでなく、チームメンバーの健康維持にも役立ちます。

結局のところ、あなたの従業員はもっとも大切な資産だということです。

10 Cheap Ways to Reduce Employee Stress|Inc.

Marla Tabaka(訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next