特集
カテゴリー
タグ
メディア

オーブン料理と煮込み料理を冷凍保存する際に守りたいルール

オーブン料理と煮込み料理を冷凍保存する際に守りたいルール

冷凍庫を使えば大量の料理を作り置きして、後日必要な時にそれを使って楽に食事の準備ができます。冷蔵庫に食べ物を保存する方法は既にご存知と思いますが、冷凍庫を使う場合はひと工夫が必要です。

料理サイト「Skinny Ms.」で料理を冷凍保存するときのコツが紹介されていました。

オーブン料理の場合:アルミ鍋(使い捨てのもので良い)か耐熱ガラス皿に料理を入れます。容器に空気が入りすぎると冷凍焼けの原因になるので、あまり料理と容器の蓋の間に空間があるようならフリーザーペーパーをくしゃくしゃにして詰めてください。先にラップで鍋や皿を包み、次にアルミホイルでその上から包みます。

煮込み料理の場合:ジップの付いた質の良いフリーザーバッグを使って冷凍焼けを減らし、解凍中の漏れを防ぎます。フリーザーバッグには、普通に調理するときとは反対の順番で詰めていきます。例えば、普通は鍋の底に肉を入れ、野菜はその上に重ねます。しかし、煮込み料理を冷凍するときは、フリーザーバッグにまず野菜を詰めて、それから肉をその上に重ねます(これで、調理するときはまず肉がスロークッカーの底に注ぎ込まれることになります)。できるだけフリーザーバッグから空気を絞り出し、平らにして冷凍庫に入れます。

また、まだ温かい材料がある場合は、冷凍する前に冷蔵庫で冷やしましょう。

元記事では、煮込み料理にスロークッカーという煮込み料理用の電気鍋を使用しています。料理すらしない、という人は、火を使わずにタイマー設定だけでいい煮込み料理から始めてみてはいかがでしょう?

6 Tips to Turn Any Recipe into a Freezer Recipe |Skinny Ms.

Melanie Pinola(原文/訳:春野ユリ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next