特集
カテゴリー
タグ
メディア

アムステルダムとパリで実用化済み。運動不足とスマホの充電問題を一気に解決するデスク

cafeglobe

アムステルダムとパリで実用化済み。運動不足とスマホの充電問題を一気に解決するデスク

cafeglobeより転載:働く人にありがちなちょっとした悩みとして、外出先でスマホの充電がなくなってしまうこと、時間がなくて運動不足になってしまうことが挙げられます。まったく関係のないこの2つの悩みですが、駅や空港の待ち時間に同時に解決できてしまうアイテムがありました。

ペダルを漕いだら、スマホが充電できるデスク

こちらは、ペダルを漕ぐことによって、電気と無線ランの接続環境を生み出せるデスクです。ペダルを漕いでいる間に、コンセントでiPhoneを充電するのと同じ速度で充電ができます

実際にアムステルダムのスキポール空港とパリのリヨン駅の待合室で使用されているそうです。

20140808_cafeglobe_bike_2.jpg

発案のきっかけはフランドル政府大臣の運動不足

20140808_cafeglobe_bike_3.jpg

おもしろいのが、このアイテムを発案したのは、ベルギーのフランドル政府の大臣だそうです。

なんでも、長時間働いていて運動する時間がとれないことから、ペダルつきのデスクを考案。その後、ペダルを漕ぐことで発生するエネルギーで充電もできるようにしようと思ったそうで、この発想はエコが進んでいる国ならではかもしれません。

一見ただのおもしろアイテムかと思いきや、スキポール空港とリヨン駅以外に、ホテルや図書館などにも導入されているそうで、しっかり実用化されていることに感心してしまいます。なじみのスポットで使えればジム要らずです。

現在、オフィスへの導入も前向きに検討されているそう。オフィスで使われれば、クリーンエネルギーを増やすことができ、社員の健康促進、また、身体を動かすことでより仕事がはかどるのではないかと開発者は考えています。

最近、欧米では、立ったまま仕事をするデスクやスタイルがにわかなブームになりつつあります。便利になり身体を動かす機会が減っている現代社会、未来ではこのようなデスクが当たり前になっているかもしれません。日本でも気軽に使えるようになってほしいです。

FAST CONPANY

働く人のちょっとした悩みを一石二鳥で解消してくれるデスク|cafeglobe

(文/若松真美)

swiper-button-prev
swiper-button-next