特集
カテゴリー
タグ
メディア

イチゴと重曹を使って歯をホワイトニングする方法

MYLOHAS

イチゴと重曹を使って歯をホワイトニングする方法

MYLOHASより転載:真っ白い歯がこぼれる笑顔が美しさの象徴とされるアメリカでは、定期的に歯医者や自宅でホワイトニングをするのは、もはや当たり前。一方で気になるのが漂白剤などのケミカルです。

私自身、普段は食べるものや肌につけるものは、出来るだけオーガニックでナチュラルなものをと心がけているのですが、半年に一度は歯医者で購入するホワイトニングキットを使用していました。

そんな中みつけたのが、歯には人一倍気を使うハリウッドセレブを多くクライアントに持つ、栄養学士キンバリー・スナイダーのブログで紹介されていた、天然の素材を利用した歯のホワイトニング方法

・オレンジの皮

シトラス系のフルーツには歯のしみを取り除く作用があり、中でもオレンジはエナメルを傷つけにくいそう。オレンジの皮の内側の白い部分を歯全体にこすりつけ、その後軽く口をすすぎ、30分ほどしてから歯を磨きます。

・イチゴと重曹

イチゴひとつをペースト状にしたものとテーブルスプーン半分の重曹を混ぜて、歯ブラシで歯に広げて5分間放置。その後歯ブラシで歯を磨き、フロスをかけます。

どちらもエナメルを傷つけすぎないように、週に数回までにしましょう。(「Kimberly Snyder」より引用)

この方法ならナチュラルなだけでなく、高価なホワイトニングキットを購入する必要もないので経済的です。身近な天然の素材で出来る歯のホワイトニング、早速習慣にしたいと思います。

イチゴと重曹だけ。ナチュラルにホワイトニングする方法|MYLOHAS

Kimberly Snyder

(白石里美)

Photo by Shutterstock.

※誤字を修正しました。ご指摘ありがとうございました。
swiper-button-prev
swiper-button-next