特集
カテゴリー
タグ
メディア

Android Wearのオススメウォッチフェイス4選

  • カテゴリー:
  • TOOL
Android Wearのオススメウォッチフェイス4選

Android Wearは、Androidケータイと連携する通知機能や音声コマンドばかりが注目されますが、腕時計としても楽しめることを忘れてはいけません。

たとえば、私が使っている「LG G Watch」は、バンドが22ミリ幅なので汎用品が使えます。標準のシリコンバンドが好みではなかったので、革バンドに交換してカスタマイズして楽しんでいます。

もうひとつ、ウォッチフェイス(文字盤)を気分に合わせて変更できるのも楽しみ方のひとつです。ウォッチフェイスは、Playストアに多く公開されているので、好みの物を探し出すことができるはずです。時計以外の機能を持ったウォッチフェイスもありますが、私は時計として楽しめるものを選んで使っています。お気に入りの物がいくつかあるので紹介します。

Matrix face for Android Wear

140727_wear01.jpg

映画『マトリックス』の一場面を想像させるウォッチフェイスです。ガジェットでこのデザインのウォッチフェイスを使うのは、ベタな感じもしますが、他人に見せるには、わかりやすいデザインです。ただ、画面がオフになっても上から文字が流れることはなく、デジタル時計の表示になります。

Timeless - Wear Watchface

140727_wear02.jpg

オーソドックスなデザインですが、画面がオンの時に秒針がヌルヌルとモーフィングする様子と、時々変化する壁紙が楽しいウォッチフェイスです。Androidケータイ側のアプリで、時間書式、秒針の表示・非表示、レイアウトの変更、壁紙の変更ができるのも特徴です。

Chrono Watch Face for Wear

140727_wear03.jpg

名前に「Chrono」とある通り、クロノグラフをイメージしてデザインされたウォッチフェイスです。画面がオンの時は、Wear側とケータイ側のバッテリー残量を表示する機能が時計の中に埋め込まれています。

Chron Watchface

140727_wear04.jpg

このウォッチフェイスも、クロノグラフをイメージしてデザインされているはずです。私が使っている「LG G Watch」の四角い画面では少し違和感がありますが、moto360のような丸い画面であれば、うまくマッチしそうなウォッチフェイスです。

いずれのウォッチフェイスも無償で、Playストアからダウンロードできます。ウォッチフェイスを気分で変更できるのは、Android Wearの楽しみ方のひとつです。好みの物を見つけて、楽しんでください。

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next