特集
カテゴリー
タグ
メディア

職場の同僚との衝突を避けるためには「相手との共通の目標」にフォーカスしよう

職場の同僚との衝突を避けるためには「相手との共通の目標」にフォーカスしよう

職場で怒りが爆発した時、言った後で後悔してしまうようなひどいことを口にしてしまうことってありますよね。そうならないために、共通の関心事項について話をして衝突を和らげると、対立がエスカレートするのを避けられるかもしれません。ハーバードビジネスレビュー誌は、感情を議論に持ち込まないよう勧めています。たとえ同僚が怒っていたり、失望を感じたりしていたとしても、相手と同じように感情をむき出しにして議論をするのはやめましょう。

ネガティブな感情を持ったまま言葉を発すると、間違いなく衝突の悪循環に突入してしまいます。ですから、これを打ち破る方法を知っておいた方がよいでしょう。

相手に仕返しをしようと思ってはいけません。脅し返したり、公平さを求めて自説を強く主張したりせず、あなたと議論の相手がその状況から何を必要として、なぜそれを必要としているのかという、お互いの関心事に集中するのです

そこで出てくる言葉は「そもそもなぜ、これが問題になっているのか、一度考えてみませんか」といったものになると思います。議論の根本にある問題に目を向けることで、あなたは合理的な判断ができ、上手く行けば同僚の怒りを和らげることができるでしょう。

職場では、仕事をより良くこなすという共通の関心事項があります。相手のことを好きになれず、賛同できないかもしれません。しかし、感情を議論に持ち込まないことで問題解決は楽になります。

When and How to Let a Conflict Go|Harvard Business Review

Dave Greenbaum(原文/訳:Conyac

Photo by herval.
swiper-button-prev
swiper-button-next