特集
カテゴリー
タグ
メディア

「バカな」質問こそ議論を進めるのに効果がある

「バカな」質問こそ議論を進めるのに効果がある

職場では、議論や意見の不一致は日常茶飯事です。戦略・ビジネスコーチのLauren Bacon氏は、「バカな」質問こそ議論を前進させるのに効果を発揮すると語っています。

彼によると、成功への鍵は議論が行き詰まった原因を完全に理解することにあり、そうすることで感情の高まりをしずめ、話し合いを先に進めることができるというのです。

「話し合いの席で最もバカな人間になるのを恐れてはいけません。わかったつもりのことから離れてみましょう。答えが明白だと思われていることを質問するのです。無防備な言い方を心がけると良いでしょう。例えば、「バカな質問なのは承知ですが、どうしてこの特性を追加しようとしているのか、どなたか教えてくださいませんか?」、「このロゴ以外に選択肢はないのでしょうか?」、「このプロジェクトを開始日にスタートする必要な要素は何でしょうか?」などです。基本を見直すことこそ、あなたの目的意識を奮い立たせるのに効果を発揮するのです。

Lauren氏は他にも有用なヒントを示しています。他のグループの考え方に共感することもその一例です。記事の全文をご覧になりたい方は、下記のリンクをクリックしてください。

5 Questions You'll Need to Settle Workplace Disagreements | 99u

Mark Wilson(原文/訳:Conyac

Photo by Simon Blackley.
swiper-button-prev
swiper-button-next