特集
カテゴリー
タグ
メディア

使い勝手と機能性に優れた万能なMacアプリランチャー『Alfred』

使い勝手と機能性に優れた万能なMacアプリランチャー『Alfred』

Macには、素晴らしいアプリランチャーがいくつもあります。その中でも『Alfred』はイチオシです。使い勝手と機能のバランスに長けていて、誰でもすぐに入手して使い始めることができます。また自動化を進めていきたい方にも、機能拡張の余地がたくさん残されています。

アプリの機能

  • キーボードのショートカットと文字入力でアプリを起動
  • ファイル、ネット、連絡先などをすぐに検索可能
  • ファイル閲覧、移動、編集がキーボードで簡単に操作できる
  • 『Evernote』や『Simplenote』といった特定アプリ内のテキスト検索が可能
  • ゴミ箱を空にする、コンピューターをスリープ状態にするといったシステムコマンドをすばやく起動
  • 最近使用したドキュメントから即座に検索が可能
  • DropboxでMac同士の設定を同期
  • クリップボードの履歴を追跡し、ショートカットでアクセス
  • 『Workflows』を使って、素早い起動を可能にする複雑なアクションを構築可能
  • ユーザーがもっとも好む使用方法を学習し、より迅速に起動
  • いくつかのテーマがあり、見た目を変更できる
  • 統計情報であなたの使用状況が一目瞭然

優れた点

『Alfred』は数あるアプリランチャーの中でもっとも使い勝手が優れています。ものの数分で設定が完了し、プログラム、ファイル、ネット上やその他の情報を検索する準備が整います。ビルトインのツールを使用することで、連絡先やシステムコマンド、iTunesやメールなどを即座に検索できます。また、電卓での計算、言葉の定義を辞書で検索などを含め、Spotlightで行えることは全て行えます。

でも本当に『Alfred』の優れている点は、workflows機能にあります。一連のAppleScriptsを瞬時に実行することができ、ファイルを特定のアプリで開く、フォルダーを瞬時に整理する以外にも沢山の操作がWorkflowsで実現できます。もっとも優れた点は、自分の時間をわざわざかけて作業をしなくても、他の人が作成したものもダウンロードが可能であるという点です。

改善が必要な点

『Alfred』を最大限活用するためには、パワーパック(有料版)の購入が必要です。ただし無料版でも、このプログラムが好きかどうかを判別するのに必要な機能は備わっていて、色々な機能を試せます。また、『Alfred』の機能において、その他のランチャーと比較すると若干、カスタマイズ性で劣ります。ヘビーユーザーであれば、より多くの機能を求めたくなるかもしれません。

ライバルのアプリ

『LaunchBar』はアプリランチャーとして最初に登場し、今日でももっとも優れたランチャーの1つに数えられます。『LaunchBar 6』は、さまざまな点において改良が施されました。特に、デザイン面が見直され、現行バージョンのOS Xにふさわしい外見になり、新しいテーマが加えられ、インスタント検索もできるようになりました。『Launchbar 6』では、あなた自身がスクリプトを書いてショートカットで実行するといった拡張機能もサポートしていますが、これらがどれほど有用かは、もう少し時間が必要でしょう。現状『Launchbar』は、少しでもより多くの機能性を求めるユーザーや、学ぶことをいとわないユーザーにとっては、『Alfred』に代わる素晴らしい選択肢です。

『Quicksilver』や過去人気が高かった無料アプリランチャーも良いのですが『Quicksilver』は『Alfred』ほど直感的で使い勝手が良くありません。時間と手間をかければ色々と使えるようにはなりますが、『Alfred』ほどは万人向けではないでしょう。

SpotlightはOS Xのビルトイン機能です、必ずしも定義上のアプリランチャーではないでしょうが、一般ユーザーのほとんどのニーズに対応しています。例えば、Spotlight単独で計算や辞書検索、ファイルの移動やアプリの起動、その他多くの処理ができます。

他にもスタイルが異なるアプリランチャーがあります。『Apptivate』はアプリを迅速に起動させるためのホットキーが設定可能です。『Bevy』や『Overflow』といったアプリでは、よりOS XのLion Launchpadスタイルに近い使い方ができます。

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next