特集
カテゴリー
タグ
メディア

自制心が弱い人は睡眠を後回しにする傾向がある:研究結果

自制心が弱い人は睡眠を後回しにする傾向がある:研究結果

最近の研究によると、私たちは仕事や雑用だけでなく「睡眠」も後回しにしているそうです。「もう少し眠るのはあとにしよう」といって、遅くまで起きているときが多いのではないでしょうか。この研究は心理学の学会誌『Frontiers』に掲載されたもので、研究者たちが177人の生活習慣、睡眠、先延ばしする行為全般について調べました。「本当に寝たくなったときに、あれこれ気になってしまう」とか、「予定していた時間よりも遅く寝る」といった言葉に同感する人は、十分に睡眠を取っておらず、一日中だるい感覚があるなどの問題を抱える傾向があるそうです。

言い換えれば、不眠症やその他の睡眠障害のせいではなく、研究者の理論によれば、先延ばしてしまう傾向と自制心の弱さ、この2つが原因で寝付けない人もいるということです。自制心が弱い人は、インターネットテレビのNetfixで「あと1つだけ番組を見たい」とか、ビデオゲームで「あと1レベル」クリアしたいという思いに負けてしまうのです。

また、私たちの自制心は1日の終わりに弱くなることがあるそうです。この点を理解して、睡眠を後回しにしないように意識してみましょう。

Bedtime procrastination: Introducing a new area of procrastination|Frontiers via RealClearScience

Melanie Pinola(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next