特集
カテゴリー
タグ
メディア

履歴書をブラッシュアップするには、職場の同僚と見せ合うといい

履歴書をブラッシュアップするには、職場の同僚と見せ合うといい

同僚とお互いの履歴書(レジュメ)を見せ合ってみませんか? そうすれば、自分の仕事や会社を説明するうまい表現がわかり、自分のキャリアに必要なスキルが見えてくるかもしれません。

一緒に手がけているプロジェクトや自分たちが働いている会社について、同僚がどんな風に説明しているのかを知れば、自分の履歴書に同じ情報を盛り込むうえで有効なヒントを得られます。たぶん、同僚もあなたの履歴書から何かを学ぶでしょう。さらに、同僚がどんなスキルを持っているかを知れば、それがきっかけとなって、自分のキャリアに必要なものを見極められるかもしれません。

米Lifehackerの読者であるManishさんによれば、同僚の履歴書を見せてもらえば、自分の履歴書にも使えるインパクトのある事実や具体的数値が見つかることもあるそうです。そうした情報は、採用担当者にインパクトを与えます。同僚の履歴書を読んでみて、「勤務先のL社は、XYZエキスパートにより世界3位に格付け」と書いてあったら、印象に残るのではないでしょうか? あなたの印象に残るのなら、ほかの人にも同じ効果があるはず。ですから、同じ情報をあなたの履歴書にも入れれば良いのです。

役立つ情報を集めれば、あまりネタがなくても、魅力的に見える履歴書を書けるはずですよ。

Manishさん、ご協力ありがとうございました!

Mihir Patkar(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)

Photo by Michael Nutt.
swiper-button-prev
swiper-button-next