特集
カテゴリー
タグ
メディア

散らかった部屋を捨てるのに役立つ「8対2の法則」

散らかった部屋を捨てるのに役立つ「8対2の法則」

散らかった状態好きな人はいませんが、片付けるのは難しいものです。作家のJennifer Baumgartner氏はウォールストリートジャーナル紙にて、ガラクタ排除に役立つ「8対2の法則」について説明しました。 Baumgartner氏は、衣服を例にとって分かりやすく説明しています。

8対2の法則を思い出してください。私たちは、持っている服の2割だけで8割の時間を過ごしている、という法則です。残りの服は今は合わないサイズの服など、すでに着なくなっている服です。こうした服を、現実的に見直してください。前に進みたいのであれば、過去を解き放つのです。まずは洋服ダンスから始めましょう。

もう着ていないもの、着たいと思わないもの、 買ってしまったけれど使っていないものは捨ててしまおう、ということです。Baumgartner氏は衣服についての提案をしていますが、「8対2の法則」は、家にあるもの、例えば本、ビデオ、コンピュータ関連機器、音楽媒体、ゲームなど何でも当てはまります。8割の時間で使っていないなら、思い切って捨ててしまいましょう。

The Psychology of Clutter|The Wall Street Journal

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac

Photo by Brian.
swiper-button-prev
swiper-button-next