特集
カテゴリー
タグ
メディア

自家製クッキーの味や食感を変える意外な材料

自家製クッキーの味や食感を変える意外な材料

自分で作るチョコチップクッキーはおいしいですよね。意外なことに、砂糖の種類によってクッキーの味や質感は大きく変化します。米料理系サイト「Eating Well」では、砂糖の種類を変えるとチョコチップクッキーにどんな変化があらわれるかを実験しました。使われた砂糖はグラニュー糖とブラウンシュガーを半分ずつといった、よく言われているものからメープルシロップを使ったものなど、さまざまです。そして、結果はとても興味深いものになりました。

例えば、ブラウンシュガーだけを使った時は、全体が黄金色でかみごたえのあるクッキーになりました。砂糖1カップ分のかわりにハチミツ3/4カップを使った時は、良い形で中はほどよく柔らかく、ほかの液状の砂糖に比べて穴の少ない、予想外においしいクッキーになったそうです。

また、砂糖1カップ分のかわりにメープルシロップ3/4カップ分を使った時は、黄金色に焼き上がり、質感はケーキのような質感とほろほろ感が一緒になり、かすかにメープルシロップの香りが残ったそうです。

ちなみに、普段あまり使わないような砂糖も試しているのですが、ココナッツシュガーは甘みが抑え目で茶色っぽい、堅めのクッキーに、アガベシロップはちょっと苦めの、万人受けはしなそうな味になったそうです。

砂糖の種類を変えるだけなので、次にクッキーを作る時は試してみてはいかがでしょう?

The Best Sweeteners for Baking|Eating Well

Melanie Pinola(原文/訳:曽我美穂)

swiper-button-prev
swiper-button-next