特集
カテゴリー
タグ
メディア

早く簡単に優先順がつけられるToDoリスト「1・3・5リスト」を作ろう

早く簡単に優先順がつけられるToDoリスト「1・3・5リスト」を作ろう

まとまらないToDoリストと格闘するのは楽なことではありません。そこで、WorkAwesomeの人々は、ToDoリストを「1・3・5リスト」にすることを提案しています。一番大事なやらなければいけないことを1個、まあまあ大事なことを3個、「できればいいな」と思うことを5個、リストにするのです。全部書き出せば、シンプルで優先順位の付いた「やることリスト」ができあがります。

基本的なToDoリストを作る方法や、なぜ優先順位を活用しなければならないかを、以前にも紹介してきました。しかし、やることがいくつもリストアップされてしまうと、リストを始めから再構築するのは難しくなります。代わりに、その日にやらなければならないことをひとつ選んで、リストの「1」にしましょう。その他はあなた次第です。少し時間を割けば、じきに実行できる新しいリストができあがります。それをやり終えた時、多くのことを達成していることでしょう。

これをあなたの朝のルーティンの一部にしてはいかがでしょうか。仕事にかかるとき、ToDoリストからそれぞれ1、3、5に該当するものを選び、それを終えるまで他のタスクはしばらく保留にしておきます。もちろん、その日に起こった出来事には柔軟に対応しなければなりませんが、それが簡単に優先順位を付けて仕事に取り組む方法なのです。これがタToDoリストの本来の目的ですね。

The To-Do List: You're Doing It Wrong. Here are 5 Alternatives|WorkAwesome

Alan Henry(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next