特集
カテゴリー
タグ
メディア

今度は失敗しないために。高級ヘッドホンを買う時に注意するべきポイント

今度は失敗しないために。高級ヘッドホンを買う時に注意するべきポイント

ライフハッカー編集部様

ヘッドホンの記事をよく見かけますが、どれも高いですよね。だいたい2万円以上しますよね。私が使っているのは2千円のヘッドホンです。いつも思うんです。高価なヘッドホンは本当にその価値があるのか?って。高いヘッドホンは何がそこまで特別なんですか?

枯れてしまったオーディオファンより

枯れてしまったさん、こんにちは。ひとつハッキリしていることがあります。高価なヘッドホンがすべてその価値があるとは限らないことです。単にブランドものだったり見た目がいいだけで、オーディオ品質はそれほどでもないヘッドホンもあります。とはいえ、安価なヘッドホンは一般的にオーディオ品質が低いのも事実。中にはすばらしい性能をもつ安価なヘッドホンもありますが、なかなか見つかりません。以下に、高級ヘッドホンが高価な理由、高級ヘッドホンが向いている用途、購入するときの注意点などを解説します。

高級ヘッドホンが高価な理由

20140706-heighend-headphones02.jpg

基本的には、高価なヘッドホンほどサウンド品質は良くなります。収穫逓減はありますが、十分な予算をかければ、感動的なサウンドを体験できます。これはオーディオマニアだけの世界ではありません。普通の人にだって、20ドルのヘッドホンと200ドルのヘッドホンの違いは簡単にわかります。

もちろん、価格が即、品質を示すわけではありません。わずか20ドルでその2〜3倍のオーディオ品質があるヘッドフォンもあります。とはいえ、一般的に、高価なヘッドホンはそれだけの品質を持っています。私も300ドル以上のヘッドホンをいくつか使ってきましたが、やはりオーディオ品質は最高でした。どの価格帯でもそれなりに良い音を楽しめますが、一般に、高価なほどオーディオ品質が良いのはまぎれもない事実です。

高級ヘッドホンはクリアで良い音を出す

20140706-heighend-headphones03.jpg

高価なヘッドホンは良い音を出します。クリアでシャキっとした音が出て、低音もぼやけず、高音も耳障りではありません。また、「サウンドステージ」も最高です。目を閉じればライブ演奏のように感じられるはずです。楽器の音も個別に聞き分けられ、それぞれの音がはっきり聞こえたまま、ひとつの音楽に統合されます。ヘッドホン専門サイト「Head-Fi」のユーザーが、「サウンドステージ」のすごさを示す体験談を話していました。

曲の中でベルやホイッスルが小さく鳴ると、遠くで電話が鳴ったのかと、思わず顔をあげてしまうことがあります。これが「サウンドステージ」です。

ずっと20ドルのヘッドホンを使ってきた人は、その音に満足しているかもしれません。しかし、一度高価なヘッドホンを使ってみれば、違いはすぐにわかります。良いヘッドホンを使ったあとで、いつものヘッドホンに戻ると、くぐもってライブ感のない音にがっかりすることでしょう。例えば、「Monoprice 8323s」のような例外的に優れた低価格ヘッドホンでも、「Sennheiser Momentums」のような高級ヘッドホンにはかないません。

高価なヘッドホンは製造品質が良く、付加機能も備えている

20140706-heighend-headphones04.jpg

基本的には、高級ヘッドホンはその価格に見合う製造品質と付加機能を備えています。触ってみれば頑丈で重厚な感じがするはず。さらに、ワイヤレスオーディオやノイズキャンセリング、取り外し可能なケーブルなどの付加機能もあります。木製加工やメタル加工とまでは言いませんが、高価なヘッドホンは見た目も良く、製造品質の高さが感じられるはずです。

多くの高級モデルは、折りたためるデザインや、キャリーシェル、はがれにくいイヤーパッド被膜(ビニール、ベロア)、付け替えられるチップ、ひっかかりにくい素材などを備えており、安価なヘッドホンが抱える問題点をクリアしています。布ブレードのケーブル、革のヘッドバンド、金メッキのコネクターなどもクールです。とはいえ、こうした付加機能はオーディオ品質にはあまり関係ありません。また、価格を吊り上げるために余計な機能をつけただけの製品もあります。

どんなタイプの音楽をどこで聴くかを考える

20140706-heighend-headphones05.jpg

高級ヘッドホンがいつでもその力を発揮するとは限りません。どんなタイプの音楽をどこで聴くかによります。騒がしい地下鉄のプラットフォームで低ビットレートのストリーム音楽を聴くなら、500ドルのヘッドホンは宝の持ち腐れです。逆に、静かな自宅で高品質な音楽を聴くなら、その価値はいかんなく発揮されます。あなたが普段音楽を聴く場所はどこですか? 屋外や人がいて騒がしい場所で聴くなら、安価なヘッドホンで十分でしょう。家でじっくり音楽を聴きたいタイプなら、思い切って高価なヘッドホンを買うのもありです。お気に入りの音楽を隅々まで堪能できるでしょう。

もしあなたが、低ビットレートの音と高ビットレートの音の違いがわからないなら、ヘッドホンに大金をつぎ込む意味はないでしょう。しかし、最初から自分を過小評価してはいけません。良いヘッドホンを使えば、おろらく音の違いがわかるでしょう。一度最高のヘッドホンを試せば、今まで何を失ってきたかがわかります。

結論:高級ヘッドホンはそれだけの価値がある。しかし、自分の用途に合っているか確認すること

20140706-heighend-headphones06.jpg

ヘッドホン選びは簡単なタスクではありません。事前に調査を行い、ユーザーレビューもしっかりチェックして、本当に良い製品にだけお金を払ってください。また、試用と返品をこころよく受けつけてくれるお店を選びましょう。特に高価なヘッドホンを買う時には必須用件です。

もう一度まとめると、静かな環境で高品質な音楽を聴きたいなら、高級ヘッドホンを買う価値があります。騒がしい環境で聴いたり、予算に限りがあるなら、また、音の細かいニュアンスにこだわらないなら、安価なヘッドホンで事足りるでしょう。自分の用途と照らし合わせ、賢い買い物をしてください。

Alan Henry(原文/訳:伊藤貴之)

swiper-button-prev
swiper-button-next