特集
カテゴリー
タグ
メディア

地球温暖化のせいでパンの味が変わってきているという話

MYLOHAS

地球温暖化のせいでパンの味が変わってきているという話

あるひとつの変化が、思いがけない意外な事柄に影響を与えることがあります。

姉妹サイト「MYLOHAS」には、地球温暖化の影響によりドイツパンの味が変わりつつあるという話が紹介されていました。

地球温暖化により、CO2が私たちの口にする野菜や果物自体の成長だけでなく栄養価・味にまで大きく関与しているとあきらかになりました。(調査元:Braunschweiger Thünen-Instituts für Biodiversität, Germany)

たとえば、小麦粉に含まれるプロテインは1999年から5~10%減少してきているのだそう。先ほどのドイツパンの場合、このプロテインが一役かうはずの「もちもち感」が減り、故に、ほかのもので調整せざるを得ないことから食感にまで影響を与えているというのです。

(中略)

さらにサミュエル・マイヤーズ氏率いるハーバード大学の調査では、2050年までに小麦粉に含まれる亜鉛の量が現在より10%減少、鉄分に至っては5%の減少が予測されるということです。

地球上で起こる事柄というのは、すべてが関係しあっているということなのでしょう。この話題の詳細は下記リンク先、姉妹サイト「MYLOHAS」からどうぞ。

二酸化炭素の影響? パンの味が変わりつつある|MYLOHAS

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next