特集
カテゴリー
タグ
メディア

仕事の問題を家に持ち込まないために実践したい「帰宅時のルール」

仕事の問題を家に持ち込まないために実践したい「帰宅時のルール」

厄介なことが続いた日は、家に帰るなり仕事の不平不満を言ってしまいがちです。代わりに、まず帰宅して最初にその日で一番良かったことを話すことにしましょう。私の母は、私が変えるとその日学校で何を学んだかを私に聞いたものでした。おかげで、私は前向きな見方ができるようになったと思います。米質問サイト「Quora」でBrad Einarsen氏は次のように提案しています。

私は家に帰ったらまず、その日で一番良かったことを妻に話します。

例外はありません。不平不満はありません。それが一杯のコーヒーだけだったとしても、その日で一番良かったことを話すのです。これにより前向きな一言で夕方の時間を過ごすことができる、更に私たち夫婦の関係も良い方向に変わりました。

もちろん、相手は奥さんだけとは限りません。夫、恋人、ルームメイトでもいいでしょう。独身の方ならソーシャルメディアへの投稿でもいいでしょう。目標は、厄介ごとはオフィスに置いて、帰宅後の時間を楽しむことです。仕事での愚痴を垂れるのは簡単ですが、前向きな時間を見出すことは難しいのです。

What are the simplest things one can do to make oneself happier?|Quora via Inc.com

Dave Greenbaum(原文/訳:Conyac

Photo by Moresheth.
swiper-button-prev
swiper-button-next