特集
カテゴリー
タグ
メディア

夏本番前の今だから見直す、熱中症にならないための準備

夏本番前の今だから見直す、熱中症にならないための準備

夏の暑さも本格的になろうとしています。今週末屋外で長時間過ごす予定の方は、熱中症に注意しましょう。米ニューヨーク・タイムズ紙が熱中症を防ぐための注意事項を紹介しています。熱中症防止策は、予防のための準備がほとんどです。水を沢山飲むこと、塩分を含む食品を摂ること、暑いところで運動している場合は水で割ったスポーツドリンクを飲めるように環境を整えましょう。庭仕事をしていたり、日差しの強いところでスポーツ等をしているなら、いくつか簡単にできることがあります。

衣類は淡色で通気性の良いものを着ましょう。重労働は1日のうちで一番涼しい時間帯にするように予定を組み、日かげや涼しいところで頻繁に休憩しましょう。水を頻繁に飲み、カフェイン、アルコール、多量の糖分を含む飲み物は避けましょう。

結果的に、タイムズ紙はスポーツ選手は特に熱中症にかかりやすい傾向にあると書いていますが、これはスポーツ選手でなくても誰にでも当てはまることです。

意識が混乱したりぼーっとしたりふらふらしている人を見かけたら、涼しい環境に連れて行き、風を当てて水分補給させ、冷たい水を体にかけるか冷たい水に体を浸すようにしましょう。

スポーツウエアを脱がせるか、ウエアを水に浸せば、大気よりずっと効果的に体から熱を取り除けます。選手の深部体温(もっとも正確な検温は直腸)が摂氏40度以上にまで上昇したら緊急に医者に診せる必要があります。

ごく簡単なことのような気がしますが、日光の下にいるときは、時として体の兆候を容易に見逃してしまうことがあります。熱中症にはくれぐれも気をつけて、思いっきり夏を楽しんでくださいね。

Keeping Your Cool|The New York Times

Thorin Klosowski(原文/訳:春野ユリ)

swiper-button-prev
swiper-button-next