特集
カテゴリー
タグ
メディア

リンゴの芯抜き器を応用して、手軽に食べられるスイカはいかが?

リンゴの芯抜き器を応用して、手軽に食べられるスイカはいかが?

ごく普通の「リンゴの芯抜き器」。でも、この道具を応用すれば、手軽につまんで食べられるひとくちサイズのスイカの出来上がりです。DIYコミュニティの「Instructables」が紹介するのは、スイカのような果物をひとくちサイズにくり抜くアイデアです。

スイカの場合は外皮も一緒にくり抜くことができるので、非常にうまくいきます。写真のような、綺麗なグラデーションに仕上げることができます。

芯切り器で切り取れる棒状の部分はスイカ全体の重量のおよそ7割に相当します(穴と穴との間隔にもよります)。穴が空いた残りの3割の部分も十分食べられので無駄にしないように。

つまむ部分が欲しい場合は外皮を残しておきましょう。同じ色に揃えたい場合は切り落とすこともできます。自分だけで食べるならこの方法は面倒かもしれませんが、パーティーで来客をもてなすにはオススメの方法です。

Watermelon Sticks|Instructables

Mark Wilson(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next