特集
カテゴリー
タグ
メディア

ミニチュアサイズ! ジュースの缶で「完璧な」ソーセージ用のグリルを作る

ミニチュアサイズ! ジュースの缶で「完璧な」ソーセージ用のグリルを作る

「持ち運びできるソーセージグリル」が欲しいという方に朗報です!「でたらめの王様(The Kind of Random)」の異名を誇るGrant Thompsonさんが、清涼飲料水の缶から小型の炭火焼き用グリルを作る方法を教えてくれました。Thompsonさん考案の「Bitty-Q」というグリルは、ロングサイズの空き缶(Thompsonさんは「23.5 fluid ounce(=約700ml)入る缶を使用」)、金具、ワイヤーのハンガーだけで作れます。開閉可能な蓋とミニトングをかけるハンガーつきで、2~3個の炭を入れておくこともできます。ワイヤーのハンガーを曲げるための図解も提供されており、そちらはダウンロードして見ることができます。

「Bitty-Q」は、ホットドッグやソーセージをグリルするのに理想的な寸法に仕上がっています。ただ、アルミ缶を使う場合は溶けやすいので、炭を加熱しすぎないようにご注意ください。Instructablesの手順ごとのガイドから、より詳しい作り方をチェックしてみてください。

140629sausage-grill2.jpg

ちなみに、ここまでいろいろやりたくない、という人は、上の画像のような簡易版もありだとか。アウトドアやサバイバル生活で役立つ空き缶ハックでした。

How To Make The Bitty-Q (A Drink-Can BBQ) | Grant Thompson via Instructables

Patrick Allan(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next