特集
カテゴリー
タグ
メディア

共同作業を成功させるための3つの視点

共同作業を成功させるための3つの視点

チームでプロジェクトを進行する時、私たちは作業がより簡単になると思いがちですが、共同作業にはいくつかの欠点が伴います。99uでRon Friedman氏は、共同作業をする場合に考えておくべき3つの重要な視点を、以下のように述べています。Friedman氏は、共同作業での問題の1つは、誤った自信を生むことだとしています。また、人々はグループで作業をすると他の人に合わせようとする傾向があります。最も大きな弊害は、共同作業をすると怠け癖が出てくることです。人々はチームの一員だと「誰かがそれをやってくれるだろう」と考え、努力をしなくなります。これらの落とし穴に陥らないために、次の3つのヒントを採用することをFriedman氏は勧めています。

・自分ができないことができるチームメイトを探す:自分の複製のような人を探すより、自分ができないことを互いに補完してくれる人を探すほうが大事です。

・役割を決める:始める前に、誰が何をやるのか決めて進めましょう。自分が何に貢献すればいいのかわかりやすいように、全員に各人がどの責任を負っているか自覚を持つようにさせましょう。

・自学時間を持つように勧めましょう:最も大変な作業は自分が一人でいるときにやるべきです。仲間との時間は、アイデアを交換するために使い、アイディアを考えるのは個々人でやりましょう。

共同作業はとてもいい結果を生み出すことができますが、それは、それぞれがその落とし穴にはまらなかった場合にのみ出る結果です。より詳しい記事はここをクリックすると読めます。

The Collaboration Paradox: Why Working Together Often Yields Weaker Results | 99u

Patrick Allan(原文/訳:Conyac

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next