特集
カテゴリー
タグ
メディア

良い判断をするには、10分後/10カ月後/10年後を見据えよう

良い判断をするには、10分後/10カ月後/10年後を見据えよう

人生を通じて、難しい判断に迫られるときがあります。ビジネス分野のライターであり作家でもあるスージー・ウェルチ氏は、まずは優先事項をまとめるために、「10-10-10の法則」を活用して、判断することを勧めています。ウェルチ氏は、自身の著書『10-10-10: A Fast and Powerful Way to Get Unstuck in Love, at Work, and with Your Family』の中で、次のように述べています。

私はみんなを幸せにする方法が見つからないような状況になったときはいつでも、3つの質問を自分に問いかけます。

私が下す判断によって10分後はどうなるのか?

10カ月後は?

そして、10年後は?

脳の仕組み上、判断は感情に根付いており、長期的に考えることで考えを整理しやすくなります。明快な答えがあると、その判断が優先事項に沿っているかどうかがわかりやすくなります。「その過程で、優先事項が明確になることもあるでしょう」とウェルチ氏は言います。

考えを明確にしておくことで、判断によって影響を受ける人に、その判断を下した理由を説明することも簡単になるはずです。

How to make smart, fast decisions (that you'll still be happy with in 10 years!) | Popforms

Mihir Patkar(原文/訳:Conyac

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next