特集
カテゴリー
タグ
メディア

マウスでジェスチャー操作やアプリの呼び出しができる『Just Gestures』

  • カテゴリー:
  • TOOL
マウスでジェスチャー操作やアプリの呼び出しができる『Just Gestures』

Windows:タッチスクリーンのPCやタブレットでは、ジェスチャーを使ってアプリを操作できます。『Just Gestures』は、マウスを使って、それらのジェスチャーを任意に設定できるWindows用のアプリです。Just Gestures には32ビット版と64ビット版があり、ダウンロードページから入手可能です。必要なバージョンをダウンロードしてインストールしてください。アプリケーションを起動し、ウィザードで「Toglle Button」を設定します。ここで設定したマウスボタンでジェスチャーが開始されます。

アプリには最初からたくさんのジェスチャーが用意されており、メインウィンドウで確認できます。たとえば「Toggle Button」で設定したボタンを押しながらマウスでN字を描くと、ノートパッドが起動します。他にもコピー、貼り付け、アプリケーションウインドウの操作といった、Windowsでよく使うアクションが設定されています。

ジェスチャーは任意に変更することもできます。好きなジェスチャー項目を右クリックして、「Modify」を選択します。Gestureタブで好きな形のジェスチャーを描いて、OKボタンを押してください。新しいジェスチャーを追加することも可能です。「Add New Gesture」ボタンをクリックし、プリセットのジェスチャーを1つ選択するか、ジェスチャーで起動するアプリを選びます。新しいジェスチャーを描き、名前を付け、Next、Finishの順にボタンをクリックします。

Just Gesture では、ジェスチャーからキーボードショートカットやアプリケーション固有のジェスチャーを呼び出すこともできます。簡単な使い勝手から入り組んだ設定まで、好きなようにカスタマイズ可能です。アプリの起動程度のシンプルな使い方もいいですし、キーボードを使って複雑な機能を加えるのもいいでしょう。

Just Gestures | via MakeUseOf

Mark Wilson(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next