特集
カテゴリー
タグ
メディア

「洪水の予測」にビッグデータを活用、アイルランドの事例

MugendaiMugendai

「洪水の予測」にビッグデータを活用、アイルランドの事例

「ビッグデータの活用」は、クラウドサービスとならび、いま注目を集めるテクノロジーといえます。テクノロジーによるイノベーション事例を数多く紹介しているウェブメディア「Mugendai(無限大)」より、これまでにもビッグデータに関する記事をいくつかピックアップしてきました。

ビジネスやインフラの整備など、さまざまに活用されていますが、今回は豪雨や高潮による洪水がよく発生しているというアイルランドの事例を紹介します。アイルランドではビッグデータを活用し、「洪水の早期予測」などを行うプロジェクトが展開されているそうです。

アイルランドの国立海洋調査機関Marine Institute(海洋研究所)がガルウェイ湾で行っている「SmartBay Galway(スマートベイ・ガルウェイ)」プロジェクト。

(中略)

湾の各所に設置されたセンサーからは、温度や汚染度、波高や植物性プランクトンの割合といった情報が送られます。IBMの「InfoSphere Streams」は、これらのデータをストリーム・コンピューティングによって高速分析処理。流れてくるデータを順次処理するので、一旦データベースにデータを蓄える従来の方法に比べ、迅速な意思決定ができるのです。

これらの情報にはウェブポータル経由でアクセスできます。研究者に留まらず、企業や漁師、住民といった多くの関係者がオープンにアクセスできるようになったことで、海上の漂流物の移動経路や到達時間の予測、漁業や波力発電の研究開発など多方面でデータを活かすことが可能になりました。

ビッグデータの活用であると同時に、誰でも使えるようにオープン化されているのもポイントに感じます。人間の勘や知恵だけではたどり着けない範囲を予測できるのが、ビッグデータの良いところ。同様に、山岳や河川などでも、取り組めそうな事例ではあります。

ビッグデータを活用した洪水予測システムで湾岸の住民の安全を支える | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next