特集
カテゴリー
タグ
メディア

伝わるメールを書くなら「BRIEF」を意識するべし

伝わるメールを書くなら「BRIEF」を意識するべし

メールを使って重要なことを伝えるようすると、文面が長くなってしまいがちです。そんな時は、「BRIEF」の頭文字を思い出して情報を的確に伝えるように意識しましょう。

  • Background(背景):手早く文脈を伝える
  • Reason(理由):メッセージを読むべき理由は何か?
  • Information(情報):話の要点を2〜3の箇条書きにまとめる。
  • End(結び):要点をどこに置いて会話を終えるか。
  • Follow up(フォローアップ):想定される質問の答えを用意しておく。

いつもメールの文面を考えすぎてしまう人なら試してみてはいかがでしょう。

Less is More: Why You're Saying Too Much and Getting Ignored|Fast Company

Dave Greenbaum(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next