特集
カテゴリー
タグ
メディア

Apple謹製ワープロアプリ『Pages』の使い方をキミは知っているのか

タブロイド

Apple謹製ワープロアプリ『Pages』の使い方をキミは知っているのか

iPhone:『Pages(ページス)』はiPhone、iPad、そしてMac用に用意されたApple製のワープロアプリ。マイクロソフトのWordなど、主要なワープロソフトとある程度の互換性を保ちながら、独特な美しい仕上がりの文書を作れるのが特長です。

140516pages02.jpg

ここでは、「iPhone上のページスだけで、未経験者がどこまでクオリティの高い文書を作れるのか」を探ってみましょう。それでは手のひらワープロ教室、開講です!

テンプレートで作業がラクラク

140516pages03.jpg

あらかじめ用途に応じたテンプレートがたくさん用意されているのが魅力的。学校や職場ですぐに使えそうな「レポート」から、「ポスター、ちらし」「名刺」まで。ここからお好きなものを選んで文章や写真を差し替えれば、デザインやレイアウトに自信がなくても美しい文書を作れるんです。

140516pages04.gif

今回は試しに「迷い犬ちらし」テンプレートを元にしてみます。文字でも画像でも、編集したい場所をタッチで選択して差し替えていけば、小さい画面で細かいデザイン作業をしなくても大丈夫。

スタイル(書式)を細かく設定できる

140516pages05.gif

写真は、iPhoneに保存してあるものを自由に配置することが可能。写真のマスク(切り抜き)の形や枠線などのスタイルも様々に設定できますし、文字の大きさや書体、揃え、テキストボックスの色といった書式もかなり柔軟に指定できます。

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

swiper-button-prev
swiper-button-next