特集
カテゴリー
タグ
メディア

モチベーションが上がる効果的な目標を設定するために必要な5つの法則

モチベーションが上がる効果的な目標を設定するために必要な5つの法則

モチベーションを上げるのに必要なのは、挑戦的な側面を持った明確なゴールを定めることです。「Mind Tools」の動画では、このようなゴールを設定するための5つの法則を説明しています。これらの5つの法則は、Edwin Locke博士 と Gary Latham博士のモチベーションと報酬の理論から作られており、実践することでゴールを魅力的に感じ、より意味のあるものに感じられます。

  1. 明確さ:ゴールはとても明確なものでなければならなりません。何を達成したいかが明確で、どのくらい進捗したかを知る必要があります。
  2. 挑戦:ゴールが挑戦を続けるに値するほど面白いものであるように設定しなければなりません。しかし目標が高すぎて意欲を喪失してしまわない程度にしましょう。
  3. コミットメント:ゴールは、途中で諦めたりしないように、達成可能だと思えるものにしましょう。また、なぜこのゴールを達成することが重要なのか、思い起こせるものにしましょう。
  4. フィードバック:終わったら、フィードバックを自分に返せるようにしましょう。そして、成長と達成を分析します。次回以降のゴールの難易度を調整するのに役立ちます。
  5. タスクの複雑さ加減:ゴールに達成する行程が複雑すぎてストレスを感じるようならば、ゴールを小さい単位に分け、サブゴールを設定しましょう。

これらのシンプルな法則を使うことで、タスクが進行中でも、どの程度進捗したかチェックできます。私達は、自分自身が設定したゴールに圧倒されがちです。しかし、そのゴールを達成することに夢中になれるよう、目標は挑戦的である必要があり、ゴール設定のバランスを考える必要があるのです。

Locke's Goal-Setting Theory|Mind Tools

Patrick Allan(原文/訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next