特集
カテゴリー
タグ
メディア

衣類や帽子にワックスを塗って、DIY防水加工を施す方法

衣類や帽子にワックスを塗って、DIY防水加工を施す方法

衣類に防水加工処理を施すためにワックスを塗るのは、昔からあるDIY技術の1つですが、アウトドア用品に限ったことではありません。米ブログ「The Art of Manliness」では、帽子からジーンズまで、あらゆるものにちょっとした耐水性を与える方法を紹介しています。 一般的に、ワックスはキャンバス地の衣類向けですが、実はどんなものにでも使用できます。注意してほしいのは、通気性は失う代わりに、耐水性を得るという点です。必要なのは、少量のワックス、ヘアドライヤー、防水加工処理を施したい衣類だけです。ワックスと衣類をドライヤーの温風で少し温めたら、衣類にワックスを塗り、再びドライヤーの温風を当てて乾かします。詳細は下記リンクより確認できますが、手順はとてもシンプルです。

  1. ワックスと衣類をドライヤーで少しだけ温める。
  2. ワックスを塗る。
  3. 再度ドライヤーで温める。
  4. 乾いた暖かい場所に置いておく。

最適なワックスはOtter Wax(カワウソ・ワックス)で、天然ワックスという点が特徴です。もちろんこのワックスはどんな衣類に対しても、手っ取り早く防水処理ができます。

簡単に防水加工ができるので、お気に入りの服に防水加工を施してアップグレードしてみてはいかがでしょうか。

How to Wax You Own Clothing and Gear|The Art of Manliness

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next