特集
カテゴリー
タグ
メディア

超本気の歴史ファン向け? 濃すぎる内容の『角川新版日本史辞典』を使いこなすには

タブロイド

超本気の歴史ファン向け? 濃すぎる内容の『角川新版日本史辞典』を使いこなすには

iOS:生半可な知識じゃ太刀打ちできない!

にわか歴史ファンお断りと言わんばかりの、圧倒的な資料的価値を持つアプリ『角川新版日本史辞典』。その情報量に震えました。

140526kadokawa_nihonshi02.jpg

歴史上の人名・地名から、事件や動乱、各時代の文学作品や統治体制に至るまで、膨大な文字情報がギッシリと収録されています。そのボリュームたるやアプリ標準の「五十音順索引」では目的の項目がなかなか見つけられないほど。

これだけ本気度100%の学術書ともなると、2300円という価格にも何ら驚きを感じなくなるほどのレベル(紙の書籍だと3570円)。歴史知識にかなり自信のある人でも、きっと新発見がある...そんな「充分すぎるほどの読み応え」を保証できるアプリですよ。

検索や付箋を駆使しよう

140526kadokawa_nihonshi03.jpg

約1万6000項目におよぶ膨大な情報量の本辞典。この「情報の洪水」に押し流されずにアプリを使いこなす鍵は、検索の活用にあります。索引ページでは、五十音で探すより画面上部の検索窓を利用したほうが、素早く目的のキーワードにたどり着けます。

140526kadokawa_nihonshi04.jpg

また、本文中から関連する単語を調べたい際には本文長押しから単語を選択、「全文検索」すればアプリ内すべてのデータから一致するものを見つけてくれるので便利です。

140526kadokawa_nihonshi05.jpg

よく引く語句などは、色分けやメモをつけられる「付箋」で上手に管理しましょう。

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

swiper-button-prev
swiper-button-next