特集
カテゴリー
タグ
メディア

何度やっても必ずうまくいく。最高のステーキを焼く2つの簡単なコツ

何度やっても必ずうまくいく。最高のステーキを焼く2つの簡単なコツ

アメリカの料理番組で有名なシェフ、アルトン・ブラウン氏が、絶対に失敗しない完璧でおいしい炭火焼ステーキのレシピを教えてくれます。楽しくてハッピーな夏を過ごすために、ぜひ試してみてください。

必ず室温になじませてから焼く

アルトン氏が使う部位はハラミです。一番の秘密は、肉を室温になじませること。これは、肉をグリルやフライパンで焼くときのお約束です。完璧な結果のためにはとても重要です。冷蔵庫から取り出したばかりの肉を焼いてしまうと、もれなく残念な結果になります。

途中で寝かせてから2回焼く

おいしい肉が食べたいけれどグリルがないときは? 心配ありません。ミシュラン三ツ星レストランのシェフ、Martin Berasategui氏(そして料理の巨人David de Jorge氏)が助けてくれます。

家庭で完璧な骨付きリブアイステーキを作るためのレシピは絶対失敗しないだけでなく、その結果は目を見張るものです。私はやってみたことがありますが、いつもうまくいきます。

(このビデオはスペイン語ですが、場面ごとに手順を訳しました。17分17秒のところを見てください。参考になります)

  • まず、肉屋さんでよく脂ののった骨付きリブアイ3.3ポンド(1.5キロ)を買って、真空パックにしてもらいます。骨が重要です。というのも、肉をみずみずしく保ってくれるからです。真空パックも酸化を防ぐため大切です。
  • 肉を冷蔵庫から出し、真空パックのまま24時間室温(暑い部屋ではなく、普通の温度)に置きます。このプロセスは結果に大きく影響するので、絶対に省かないでください。
  • テフロン加工された大きなフライパンにオリーブオイルを少し引き、ステーキの両面を3分ずつ焼きます。いったん肉を置いたら、動かしたり持ち上げたりしてはいけません。そのままにして、時間がきたらひっくり返します。
  • ステーキをフライパンから取り出し、金属製の網の上に置いて10分程寝かせます。
  • フライパンをもう一度強火で熱し、ステーキをもう一度焼きます。片面2分です。
  • ステーキをひっくり返して3.5オンス(100グラム)のバターをのせます。バターが溶けたら肉汁と混ぜて肉の上にかけ、2分置きます。
  • 3ヶ所に穴を開けたアルミホイルで肉を包み、網の上で5分寝かします(こうすることで蒸れを防ぎます)。
  • 切り分けたらfleur de sel(フルール・ド・セル)やMaldon(マルドン)のような上質なシーソルトをまぶします。

何度やっても絶対うまくいくと私が保証します。最高の出来上がりですよ。

Jesus Diaz(原文/訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next