特集
カテゴリー
タグ
メディア

返信してもらっていないメールだけを表示させる「Google公式スクリプト」

返信してもらっていないメールだけを表示させる「Google公式スクリプト」

仕事は「メールを送って終わり」ではありません。でも、メールの返信が来なくて時間が経つと、送ったことすら忘れてしまうことがよくあります。そんなとき、Google Apps Scriptを使えばGmailで返信待ちのメールを簡単に探し出すことができます。リンクを開くと、コードが書かれたGoogleドキュメントが開きます。ブラウザの他のタブでGmailを開いた状態でメニューバーの「実行」をクリックします。Googleアカウントと連携するかどうかの承認を求めてくるので、それを承認するとスクリプトが実行されます。

その後、Gmailを再度開くと「Awaitingresponse」という名前のラベルが作成されていて、送信したのにまだ返信が来ていないメールだけが表示されます。

簡単にできるので、試してみてはいかがでしょう?

Find Unanswered Emails with Apps Script|Google App Developer Blog

Thorin Klosowski(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next