特集
カテゴリー
タグ
メディア

ChromecastはPCの画面全体もテレビに映せます(その手順)

  • カテゴリー:
  • TOOL
ChromecastはPCの画面全体もテレビに映せます(その手順)

みなさん、Chromecastは購入されましたか?

私は、米国で発売された当初、あまり興味がありませんでした。しかし、対応アプリが増えるにつれて、魅力的な製品に感じ、国内発売と同時に入手しました。

Chromecastは、素材に近い製品です(Googleらしいですね)。デベロッパーたちの力添えなしには十分に性能を発揮しない側面があるので、誤解されやすく、利用環境によっては「使えない」という評価になります。国内販売までずいぶん時間がかかりましたが、同時発売でなかったのは、良い方向に転んでいるのかもしれません。

さて、ChromecastをPCで使うには、Google Chromeが必要です。これに、機能拡張「Google Cast」をインストールして使います。この拡張機能では特定のタブをテレビに映し出せますが、PCの画面全体も映し出すことができるので、その方法を紹介します。Google Chromeのツールバーにある、Google Castのアイコンをクリックすると、プルダウンメニューが表示されます。

これの右端上に、小さな下三角のアイコンがあるのでクリックします。すると、メニューが表示されて「このタブをキャスト」「このタブをキャスト(オーディオに最適化)」「画面全体をキャスト(テスト)」が表示されます。この中から、「画面全体をキャスト(テスト)」を選択します。

あとは、いつもの手順で、Google Castのプルダウンメニューから送出先のChromecastを選択します。すると、「Google Castと画面を共有しますか?」とダイアログが表示されるので「はい」を選択します。しばらくすると、テレビにPCの画面全体が映し出されるはずです。

ネットワーク環境にもよりますが、私の環境では、マウスを動かしてからワンテンポ遅れて、テレビのマウスカーソルが動作するといった感じです。外部モニターとしては常用できませんが、プレゼンなどでは十分です。

指定したタブがテレビに映せるだけでは...と嘆いていた方は、これで利用価値が高まったのではないでしょうか。買う気になりました?

Chromecast

(傍島康雄)

swiper-button-prev
swiper-button-next