特集
カテゴリー
タグ
メディア

北欧のおばあちゃんの味。ノルウェー式「卵コーヒー」とは?

roomie

北欧のおばあちゃんの味。ノルウェー式「卵コーヒー」とは?

ミルク・砂糖のほかにもシナモンやバニラフレーバーなど、コーヒーにプラスすると美味しいものは数多くありますが、「」というのを聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか?

兄弟サイトの「ルーミー」ではコーヒーに加えるトッピングの色々なバリエーションを紹介していますが、「卵コーヒー」のレシピはその中にありました。

ドリップした後のコーヒーに卵を加えるのではなく、あらかじめ生卵をとコーヒー豆を混ぜてから、お湯に入れて煮出します。卵がコーヒーの不純物をからめとり、雑味のない澄んだコーヒーが淹れられるのだとか。北欧で愛されているこちらの詳しいレシピは、以下の動画をどうぞ。

ということで紹介されていたのがこちらの動画:

動画より、簡単に作り方を抜粋すると...

  • 10カップのお湯を鍋でわかす
  • 1カップの冷水、生卵1個、1/2カップの挽いたコーヒー豆を混ぜる
  • 上記を鍋のお湯に加えて2~3分間沸かす
  • 鍋を火からおろして冷水1カップを加える
  • 鍋の底に不純物と一緒に卵の塊が沈んでいるので、ザルなどで濾して出来上がり

これで10杯分のコーヒーが作れます。その仕上がりは、最初に「卵コーヒー」と読んで筆者が連想した『ロッキー』が飲んでいるようなドロドロの液体とは真逆の、澄んだ琥珀色。このコーヒー、ノルウェーでは「おばあちゃんの味」なのだとか。

その他、珍しいコーヒーのトッピングについては下記リンク先、兄弟サイト「ルーミー」の記事からどうぞ。

もう普通のコーヒーでは満足できないあなたへ |roomie(ルーミー)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next