特集
カテゴリー
タグ
メディア

無意識のうちに自分の評判を傷つけているかもしれない5つのボディランゲージ

無意識のうちに自分の評判を傷つけているかもしれない5つのボディランゲージ

どのようにふるまっているかで、人々はあなたを評価します。気付かないうちに自分のボディランゲージで評判を落としていないか、チェックしましょう。脳は無意識のうちに、あなたにメッセージを送り続けています。あなたはそのメッセージに気付いていないかもしれませんが、他人には簡単にわかってしまいます。

「人々は会った瞬間にお互いの意図を読み取ります」。スピーチ指導者でありコミュニケーションやリーダーシップに関する本の著者でもあるニック・モーガンは言います。「私たちは、誰が味方で誰が敵かを見分けるため、あるいは敵意を感じ取ったり、誰がリーダーなのかを見極めるられるよう設計されています」。

では、あなたはどんなメッセージを送っているのでしょう? 仕事中、無意識のうちに自分の評判を落としている例をいくつかご紹介します。

会議の準備を怠る

「重要な会議の準備をするとき、あなたは話す内容とボディランゲージのどちらにより時間を割いていますか? ほとんどの人は、ボディランゲージにはまったく時間を割いていません」とモーガンは言います。そしてそれは、彼らの権威を失墜させかねないものなのです。

「どんな会話も、話す内容とボディランゲージから成っています。話す内容とボディランゲージがかみ合っていない場合は、ボディランゲージが内容に勝ってしまいます」。

もしあなたがボディランゲージの力に気づいていなければ、1人で行う仕事は問題ないとしても、会議のときにうつむいたり、単調な話し方をしたり、力のないそぶりを見せることになるでしょう。そうすると、一緒に仕事をしている人たちは、あなたの話す内容よりも、やる気のなさに注目することになります。

頭が前に出た姿勢

「会議の最初の30秒で、あなたは同僚に勝つことも負けることもできます。姿勢ひとつです」。最悪なポーズのひとつはモーガンがhead postureと呼ぶ、両肩が丸まって、頭が前方へ押し出されている状態です。これはPCの前で長時間過ごす人によく見られる姿勢です。その姿勢も周囲の人が評価する対象となってしまいます。

「頭がスマートフォンをのぞき込むためにお辞儀をしている状態になっているとしたら、または考え事をしていて頭が前の方に出てしまっていたら、周囲は、あなたはここにいたくないのだな、と思ってしまいます」とモーガンは言います。

椅子の背によりかかって会話する

「仕事のできる大人のほとんどは表情コントロールの方法を学んでおり、平静を装ったり、興味を示すふうをするのはお手のものです」。しかし本音はごく小さな動作から「漏れ出て」います。「身体は無意識の欲望を表わしやすいのです」。そして周りの人はそのような無意識のシグナルをすぐ見つけるのです。

飽き飽きしていたり、イライラしていたり、そもそも関心がないことが、上司や同僚に明白に伝わってしまう姿勢のひとつは、前のめりに会話に参加すべきところを、反対に椅子の背に寄りかかった姿勢をとってしまう時です。同様に、脚を相手の方ではなくドアの方へ向けていると、その場から逃げだしたいという意思表示として受け取られます。

声をコントロールしない

「私たちは完全に、声のもつ力を過小評価しています」とモーガンは言います。豊かでよく響く声の人の話は権威あるように聞こえ、より集団のリーダーにふさわしいと感じられます。その一方で、か細い鼻声の人は目立たず、ときに聞き手をイライラさせてしまうことがあると彼は言っています。

「ほとんどの人は自分が話す声のことなど考えたこともなく、またどうやって声をコントロールするかも習ったことがありません。とてもストレスのかかる状況、たとえば重要なプレゼンや会議では、本来の声域を越えて声を絞り出そうとしてしまいますが、そうした声はとてもか細く、弱く聞こえます。女性はとても高い声に、反対に男性はとても低い声になりがちです」。

座るにしろ、立つにしろ、まっすぐな姿勢を保ち、深くお腹で呼吸をし、情熱とともに声のトーンを上げ、権威的に聞こえるよう落ち着いた声を出すことを、モーガンは「リーダーシップ・ボイス」と呼んでいます。

話があちこちに飛ぶ

「自分の影響力を縮小させてしまうのは、話を上手く伝えられない時です」とモーガンは言います。調査によれば、話を上手に伝えることは強い影響力を生みます。聴衆に期待を抱かせ、彼らの脳を共感させることができるのです。

「残念なことに、ほとんどの人は話が下手です」。多くの場合、話はあちこちに飛び、無駄に詳しく、ちょうどいいところから始めることをしないので長すぎたりします。「多くの人は自分が興味深い人間であると、過大評価しています」とモーガンは続けます。すばらしい話というものは、その中に対立があり、初めから聴き手の心を掴んで放さないもので、重要な情報だけに淘汰されているものなのです。

5 Ways People Hurt Their Credibility Without Even Realizing It|Inc.

Jenna Goudreau(訳:Conyac

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next