特集
カテゴリー
タグ
メディア

スマホでもスイスイ表計算! 『Googleスプレッドシート』アプリの使いこなし術

タブロイド

スマホでもスイスイ表計算! 『Googleスプレッドシート』アプリの使いこなし術

iPhone/Android:Googleのオンライン表計算ソフト『Googleスプレッドシート』のスマホアプリ版は、Google ドライブに保存されたシートの閲覧だけでなく、編集もしっかりこなせるビジネスユーザーの強い味方。オフライン編集もできるので、ネット環境がない場所でも使えます。

そこで今回は、ちょっとした表を作成しながら、スプレッドシートの基本的な使い方をレクチャーしていくことにしましょう。

基本の操作について

140602tabroid_google2.jpg

同じくGoogle ドライブのワープロアプリである『Googleドキュメント』と同様、他ユーザーとの共同編集機能やネット上への自動保存といったウェブ版の長所を引き継ぎ、さらにオフライン編集もできるなど、アプリならではの機能が付け加えられています。

140602tabroid_google3.jpg

編集操作をする上で最初に覚えておきたいのが、シングルタップでセル(マス目)の選択ダブルタップでセル内容の編集ということ。後はExcelなどパソコンの表計算ソフトを触ったことがあればそれほど混乱することはないと思います。

範囲選択がスムーズにできる

140602tabroid_google4.gif

小さい画面での操作は難しそうに思えましたが、実際使ってみると操作性は良好。複数セルの選択はドラッグ操作で直感的ですし、見出しタップでの行/列の選択時には行列の挿入といったメニューが出るようになっているのも便利です。

「フォント」「セル」メニューを使いこなそう

140602tabroid_google5.jpg

編集の際によく使うのが、セルを選択した状態で表示される上部メニューバー。太字などの文字修飾や揃えとともに並んでいる「フォント」「セル」の2つのボタンの役割をしっかりと覚えておきましょう。

セルの結合や枠線の設定は「セル」で

140602tabroid_google6.gif

セルに枠線をつけたり、複数のセルを結合するときには「セル」メニューを使います。

文字色や背景色の設定は「フォント」で

140602tabroid_google7.gif

文字の色や、セルの背景色をつけるのは「フォント」メニューから。書体や文字サイズの変更もこのメニューにありますよ。

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

swiper-button-prev
swiper-button-next