特集
カテゴリー
タグ
メディア

「飛行機で出張」のストレスを軽くする9つの方法

「飛行機で出張」のストレスを軽くする9つの方法

Inc.:出張の多い百戦錬磨の営業マンの士気を確実に高め、活動を後押しする簡単な方法を紹介しましょう。

Harvard Business Reviewが最近出版した統計調査によれば、企業が出張に1米ドル投資すると、平均で9.50米ドルの売上が得られ、そのうちの純利益は30パーセントになるとのことです。さらに、重役クラスのビジネスマンの81パーセントが景気の減速に伴い、顧客との接触の機会を減らすのではなく、逆に増やす必要に迫られていると強調しています。

このようなリターンを、空港のセキュリティに悩まされたり、劣悪なホテルのベッドに悩むことなく得られれば良いのですが...方法はあるかもしれません。Harvard Business Reviewの調査によれば、出張時のストレスの三大要因は、時間のロス、予期せぬ出来事、生活リズムの狂い(普段と違う食事時間、運動習慣の変化、就寝時間の変化)であるとのことです。また、女性社員が出張する場合、ストレスの影響は男性社員よりも受けやすく、特に荷物の消失や通信エラー直面した際には多大なストレスを感じるとのことです。

下記に挙げるのは、ビジネスマンが出張先でよりストレスを感じずに済むための9つの方法です。これらの方法を実行に移せば、あなたの会社の利益も結果的に上がることでしょう。

1.空港のVIPラウンジ会員権

出張の頻度にもよりますが、空港のVIP会員ラウンジサービスの一日パス、あるいは年間パスに投資してみるのもいいでしょう。一日パスで35米ドルから50ドル、年間会員で450米ドル程度の料金です。

2.長距離フライトには座席のアップグレード

社員が飛行機で出張するなら、座席をエコノミーからプレミアム・エコノミー、またはビジネスクラスへとアップグレードすることによって、出張するビジネスマンの休息が十分に取れ、頭の働きも良くなります。また、多くの出張者は最近では横になれるシートを望んでいます。

3.TSA事前審査/グローバルエントリー

飛行機に慌ただしく乗り込むというのも出張に伴うストレス発生の元凶の一つです。TSA事前審査プログラムとグローバル・エントリー(事前承認を得ていれば、米国に到着した際の入国審査と税関手続きを自動キオスクで済ませられる取り組み)の合わせ技なら、空港のセキュリティー審査を通過するのが簡単になります。

4.ホテルのアメニティー利用促進

Harvard Business Reviewの調査結果によれば、普段の生活習慣から離れてしまうと気分が落ち込み、ストレスが溜まるとのことです。フィットネスクラブや室内Wi-Fi環境、ドライクリーニングやランドリーサービス、チェックインの時間を早めにし、チェックアウトを遅めに設定することで、家から離れても家にいるような環境のもとで緊張がほぐれていくのです。

5.手荷物処理の迅速化

旅行者の69パーセントが手荷物の消失や遅れによってストレスを感じたと報告しています。そうであれば、手荷物処理を迅速にし、問題を未然に防ぐための有料サービス活用によって無用の不安を取り除きましょう。

6.荷物チェックからの解放

また、多くの旅行者が手荷物についての不安を抱えています。またバッグの持ち込みも出張で選択できるとは限りません。そうした時には有料の手荷物サービスを活用しましょう。

7.健康に配慮した選択

出張するビジネスマンの多くが出張先で普段健康のためにしていることができないことでストレスを感じています。もし、会社のお金にゆとりがあるのなら、食事手当で健康食が選べるようにしましょう。そうすることで出張する社員は出張先での生活の質が高まるだけでなく、よりストレスを感じなくなるのです。

8.Wi-Fiを整備する

出張中は、ビジネスマンは家族との会話が恋しくなります。機内や、ホテルの室内でのWi-Fi環境があれば社員はSkypeやメールといった通信が可能になります。家族とのつながりを保てることによってよりストレスを感じずに済みます。

9.航空マイルのステータス拡張

一つの航空会社とのマイルステータスを軸に、その範囲を他の航空会社にも広げましょう。

出張に適切に投資し、全社員のストレスを解消することによって、あなたの会社の利益は右肩上がりになることでしょう。

Paul Metselaar(原文/訳:Conyac

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next