特集
カテゴリー
タグ
メディア

物忘れにつながる2つの要素、そして対策

物忘れにつながる2つの要素、そして対策

誰だって、時には物忘れをします。買い物を忘れた、鍵が見当たらない...些細な物忘れだけど、イライラしますね。米紙「Wall Street Journal」の記事によると、物忘れには2つの要素が関わっていて、対策は割と簡単だそうです。

物忘れを引き起こす原因はたくさんあって、ストレス、疲労、マルチタスクなどが関係している場合もあります。ただし、「何かをどこかに置いた」ことを思い出せるかどうかに限って言うと、直接問題になるのは次の2つです。

このような(記憶のメカニズムの)途切れが生じるポイントは2つあります。記憶のスイッチをオンにして、今やっていること(つまり、鍵やメガネをどこに置いたか)を「エンコード」するのに失敗する場合と、その記憶を呼び起こすのに失敗する場合です。プリンストン大学のKenneth Norman心理学教授によると、記憶のエンコードとは、脳の中で記憶機能の中心的な役割を担っている海馬という部位で「スナップ写真」を撮って、それを一連のニューロンの中に保存しておくことだそうです。何か思い出すきっかけがあると、そのニューロンが再び活性化されます。

なので、何かをどこかに置く瞬間、つまりエンコードの最中に、注意を払っておくことが重要です。また、記憶をエンコードする時と思い出す時で心理状態が違っていると、問題が起きやすいそうです。よくある例を挙げましょう。家に帰って鍵を置く時はお腹がペコペコ。だから、お腹が一杯になった後で鍵を探そうとすると、記憶へのアクセスが難しいのです。

もちろん、注意の妨げになる要因はたくさんあるので、解決はそれほど簡単ではありません。でも、リマインダーやToDoリストは確実に役に立つし、歩いたところをもう一度たどってみるのも有効です。ほかの方法としては、例えば何かをしながらその行動を声に出してみる(「携帯はドレッサーの上に置いた」)、周囲の景色を思い出してみる、なども効果があるそうです。

Why We Keep Losing Our Keys | The Wall Street Journal

Thorin Klosowski(原文/訳:江藤千夏/ガリレオ)

Photo by Michael Gil.
swiper-button-prev
swiper-button-next