特集
カテゴリー
タグ
メディア

もし今は求職中でなくてもリクルーターからの電話には出たほうがいい理由

もし今は求職中でなくてもリクルーターからの電話には出たほうがいい理由

今、企業に雇用されている状況なら、リクルーターから電話がかかってきたとしても、既に雇用されているという理由で、電話に出ないかもしれません。しかしながら、その考えは改めるべきです。その電話に出ることは、長期的なキャリアの形成に役に立つかもしれません。Glassdoorブログでは、求職中でなくてもリクルーターと話をするべき理由をこのように説明しています。

今の仕事に満足していても、電話に出ることは害にはならないでしょう。彼らはあなたのために素晴らしい仕事を用意しているかもしれないのです。何故なら、彼らが連絡をとってきたということは、あなたを探していたということなのですから。

例えその仕事があなたにぴったりではなかったとしても、知り合いにその仕事を探している人がいれば、その人を紹介することで双方にメリットのある状況を作り出せるかもしれません。気に掛けている人を推薦することができるのと同時に、リクルーターの手助けをすることにもなるので、良好な関係を築くことができるでしょう。

リクルーターと関係を築くのなら、秘密を守れる方法でコミュニケーションを取るよう心掛けてください。仕事中にこのようなことを話し合うのは賢い方法ではありません。

リクルーターの中には履歴書を集めたいだけの人もいますが、中には実際にあなたの助けになろうとしている人もいることでしょう。どのリクルーターと会う価値がありそうか、見極めてください。

Why Not to Ignore Recruiters' Calls | Glassdoor Blog

Dave Greenbaum(原文/訳:Conyac

Photo by Marjan Lazarevski.
swiper-button-prev
swiper-button-next