特集
カテゴリー
タグ
メディア

求人への応募は急がない方が良いかもしれない

求人への応募は急がない方が良いかもしれない

新しい求人情報を見つけると、直ぐにでも応募したいという気持ちになるものです。応募のタイミングをずらすだけで、他の応募者と差別化でき、仕事探しに優位に働くかもしれません。米ブログ「Wise Bread」によれば、少しだけ待つのがポイントなのだそうです。

競争率の高い求人広告を見つけたとします。これに加え、あなたは仕事探しに迫られているわけではないとします。広告が終了してから数週間空けてから連絡を取ることで、魅力的な広告に興味を引かれて瞬間的にチャンスに飛びついたのではなく、あなたのその会社に対する思いが本物であるように見せることができます。つまり重要な点は、採用担当者が他のたくさんの応募者の履歴書に埋もれていない時に、いかに注目してもらうかということです。

このメリットは、あなたの履歴書が積み重なった応募書類の1つのように見えない点です。採用側は、あなたが自分のスキルに自信があると感じるかもしれません。少し待つことが、あなたを目立たせ、差別化させることに繋がります。

8 Ways to Get Noticed During a Job Search|Wise Bread

Dave Greenbaum(原文/訳:Conyac

Photo by Steve Baker.
swiper-button-prev
swiper-button-next