特集
カテゴリー
タグ
メディア

「パソコンでメモ」より「手書きでメモ」のほうが長く記憶できる:研究結果

「パソコンでメモ」より「手書きでメモ」のほうが長く記憶できる:研究結果

タイピングより手書きのほうが学習効率が良いことは広く知られていますが、このほどそれが科学的に裏づけられました。手書きでノートをとった学生のほうが概念的情報をより長く記憶していられることが、心理学研究により明らかになったのです。プリンストン大学のPam Mueller氏とDaniel Oppenheimer氏によれば、手書きでノートをとるときには、否が応でも情報を処理し、取捨選択して書き留めることになるのに対し、パソコンを使う場合には、一字一句そのまま情報をメモしてしまう傾向が強くなるそうです。心理学誌『Psychological Science』に掲載された両氏の研究論文では、次のように説明されています。

これまでの研究でおもに注目されていたのは、パソコンを使うと多くの作業を並行してこなせるため、気が散りやすくなるという点でした。今回の研究では、ノートをとるためだけにパソコンを使った場合でも、学習効率が低下する可能性が示されました。なぜなら、パソコンを使うと、情報の処理が浅くなるからです。

私たちが実施した3つの研究では、パソコンでノートをとった学生の場合、手書きでノートをとった学生に比べて、概念的な質問への回答の成績が悪くなることがわかりました。パソコンを使うと、手書きよりもたくさんメモをとれるという利点はあるのですが、情報を処理して自分の言葉で書き留めるのではなく、講義内容を一字一句そのまま書き留めてしまう傾向があります。それによって、学習効率が低下することが示されています。

「要するに、大事なポイントは、ノートのとり方を、方法と戦略の両面で、もっと意識的に決めるべきだということです」とMueller氏はまとめています。

手でメモ書きをするのは一見非効率に見えますが、理解の深さを考慮に入れれば実は効率的なのかもしれませんね。

The Pen Is Mightier Than the Keyboard|Psychological Science

Mihir Patkar(原文/訳:梅田智世/ガリレオ)

Photo by Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next