特集
カテゴリー
タグ
メディア

メール受信箱でToDo管理するなら、リマインダーをかけられる『Blue Mail』は注目

  • カテゴリー:
  • TOOL
メール受信箱でToDo管理するなら、リマインダーをかけられる『Blue Mail』は注目

Android(iOS開発中):メールをToDoリストのように使うことが多い方であれば、『Blue Mail』がオススメです。このアプリを使うとメールをスヌーズしておけるので、後日にリマインダーとして再確認できます。受信箱全体をタスクリストにし、それぞれのメッセージに「完了」マークを付けていくことも可能です。本来であればメールとToDoリストは分けておくのが賢明ですが、全ての人にとってそれが最良の方法とはいえません。最近ローンチされた『Mailbox for Android』にはメールを「作業ゾーン」として活用できる機能があるのですが、それもやはり限定的なものです。ローカル環境に添付ファイルを保存することができず、Dropboxアカウントが必要です。しかも、GmailとiCloudのみの対応となっています。

Blue Mailの良いところ

Blue MailはGmail、Yahoo、Outlook、iCloud、AOL、その他のPOP3アカウントなどのメールプロバイダーに対応しています。会話はスレッド化され、プロフィール写真も表示されるので、Android用のGmailアプリと見映えはとても似ています。

メッセージを左にスワイプすると「Done(完了)」と「Delete(削除)」の2つの項目が表示されます。「完了」を選択するとメールにチェックマークが表示され、一目でタスクの完了を確認できます。仕事関連のメールを多く受け取る人であれば、この機能はかなり重宝するのではないでしょうか。

メッセージを右にスワイプすると、そのメールに対するリマインダーを設定する2つのショートカットが表示されます。いずれも「Later(後で)」という名前になっているので、最初は紛らわしいかもしれません。1つめは3時間後にリマインダーを表示してくれるスヌーズショートカットで、もう1つはリマインダーを任意にカスタマイズできるショートカットです。ショートカットに設定する時間はアプリの設定から変えられます。

設定では、受信箱の全てのメールに対してフィルターを標準使用するかどうか、または「後で」「完了」のいずれかが設定されていないメールのみに使用するかなども選べます。タスクとしてリストに入れたメールを全て確認したい場合、別途のタスクビューから見られます。

Blue Mailは受信箱から作業の整理が行えるシンプルで効率的なアプリなので、気になった方はぜひ試してみてください。

Blue Mail(無料) | Google Play Store via I Love Free Software

Mihir Patkar(原文/訳:まいるす・ゑびす)

swiper-button-prev
swiper-button-next