特集
カテゴリー
タグ
メディア

二日酔いにならないための3つの自己防衛策

cafeglobe

二日酔いにならないための3つの自己防衛策

cafeglobeより転載:歓送迎会が終わったと思いきや、ゴールデンウィークに向けてお酒を飲む機会が増えるシーズンになりました。そこで今回は、自己流の二日酔いにならないお酒の飲み方を紹介したいと思います。

1. 飲む前にゆで卵を食べる

これは、ドイツ人の友人から教わった方法です。タンパク質に富むもの、繊維質が多いものは腹持ちがよく、お酒を飲む前に食べるものとして最適です。つまり、基本的には空腹の状態でお酒を飲まないということが前提ですね。

2. 飲む前、飲んだ後にココナッツウォーターを飲む

最近、私がハマっているのがココナッツウォーターです。お気に入りのブランドは、「Vita Coco」(成城石井や紀伊国屋などで販売しています)。お酒を飲まないときでも、愛飲しています。

脂肪分、コレステロールはゼロ。カリウムとマグネシウムが豊富なため、デトックス効果も期待できます。また、お酒を飲んだあとに必須の水分補給も完璧です。アスリートやマドンナなどセレブもこぞって愛飲していると聞くと、美容効果も期待できそう。最近では、お水よりついこちらを選んでしまいます。

フルーツのフレーバーがついていない、ピュアなココナッツウォーターはとりわけ優しい味。後味が長く舌に残らないため、ワインテイスティングパーティの直前に飲むことができるのが最高です。バックにも入れやすいサイズですので、ぜひ飲み会のお供にどうぞ。

3. 注ぎ足し、ちゃんぽんをしない

ちゃんぽん自体が悪いのではなく、ちゃんぽんをすると飲んだ量がわからなくなり、ついつい飲みすぎるのがいけません。あとは、注ぎ足されると、量の把握ができなくなるので、グラスが空になってから注いでもらいましょう。

それでは、ゴールデンウィーク中も楽しいワインライフを!

ピーロート・ジャパン

(文/ウィラハン麻未)

Photo via Shutterstock.
swiper-button-prev
swiper-button-next