特集
カテゴリー
タグ
メディア

実家のお母さんでもわかるレベルで「クラウドストレージ」を解説してみようと思う

タブロイド

実家のお母さんでもわかるレベルで「クラウドストレージ」を解説してみようと思う

突然ですが、私の母はAmazonで買い物することができません。母は何か買いたいものを見つけますと、私に電話をかけてきます。

母「型番○○のオーブンレンジ買うから、お願い

といった調子です。この記事は、そんな私の母でもわかるくらいに「クラウドストレージ」を解説してみようという試みです。

クラウドストレージとは?

ネット上にデータを保管できるサービスです(こちらも参考にしてください。

インターネットにつながっていれば、スマホやパソコンから同じデータにアクセスできます。家で作った文章やメモをUSBメモリに保存して持っていく、というような手間が省けて便利です。また、データを外部に記録するので、スマートフォンの容量をある程度は節約できます(後述)。

サービスの運営者は、Amazonだったり、元(現役?)ハッカーだったりとさまざまで、数は多いです。ただ、容量と値段くらいしか差別化できるポイントがないので、それほど神経質になって選ぶ必要はないんじゃないかと思います。

スマホの容量が増えるの?

増えるとも言えますし、増えないとも言えます。どういうことかと申しますと...

1. データはネット上にある(スマホの容量を消費しない)

2. しかしデータを閲覧、ダウンロードする時は一度スマホにデータが保存される(スマホの容量を消費する)

ネット上に保存してあるファイルの一覧がスマホに表示され、一覧から必要なものを選ぶと、選んだファイルをダウンロードできます(なお『Google ドライブ』はネット上のファイルを直接いじれます)。

スマホのファイルを更新したら、クラウドにあるデータも更新されるという、いわゆる『同期』に相当するような仕組みはあまりないのですね。

具体的なサービスにはどんなものがあるの?

この記事では代表的な4つのオンラインストレージを紹介します。他にもサービスはありますが、主要なものだけでたいていのやりたいことはできてしまうでしょう。取り上げるサービスを表にまとめました。

無料で使える容量特長
Dropbox2~19.75GB他のウェブサービスとの連携が良い
Google Drive15GBGoogleのサービスとの連携が良い
OneDrive7~15GBOfficeファイルを編集できる
MEGA50GB無料で使える容量が大きい

>>レビューの続き&ダウンロードはこちら:TABROID

swiper-button-prev
swiper-button-next