特集
カテゴリー
タグ
メディア

貯金が続かないなら「15%浪費ルール」を検討するべし

貯金が続かないなら「15%浪費ルール」を検討するべし

以前ライフハッカーでは、非現実的に予算を切り詰めるとかえって裏目に出ることがある、とご紹介しました。ただ、お金を貯めるモチベーションを維持するためには、多少息抜きを与えてみるのも良いでしょう。マネー系サイト「Go Banking Rates」でユニークな方法を紹介しています。それは「目標金額を設定したらそのうちの15パーセントを自由に使っていいと決めておくこと」です。ファイナンシャルプランナーのChristopher V. Kimball氏は次のようにコメントしています。

貯金額が一定の金額(例えば15万円)に達したら貯めた金額の15%を思い切って欲しいものに浪費しましょう。残りは長期の定期預金や投資などに割り当ててください。こうすれば、「将来設計のための貯金」と「欲しいもののための貯金」という2つの目的を同時に満たすことができます。

Kinball氏はさらに「罪悪感の伴わない浪費」というルールは、貯金を続けるモチベーションになる、とも付け加えています。お金が貯まらないと悩んでいるなら、試してみてはいかがでしょうか?

5 Uncommon but Easy Money Saving Strategies|Go Banking Rates

Photo by Ken Teegardin.

Kristin Wong(原文/訳:Conyac

swiper-button-prev
swiper-button-next