特集
カテゴリー
タグ
メディア

クラウドソーシングは点字図書館の新刊スピードまでアップさせていた

クラウドソーシングは点字図書館の新刊スピードまでアップさせていた

インターネットを通じ、働き手と依頼主をプロジェクトごとにマッチングさせ、成果物を上げる「クラウドソーシング」。その仕組みは、意外なところでも活用されていました。点字図書館です。

全国の点字図書館では、日本点字図書館が提供しているサービス「サピエ図書館」を通じて点字図書や音声図書、電子図書をダウンロードできます。これまで新刊書が配布されるまでには何カ月もの時間がかかっていました。それを救ったのがクラウドソーシング。国内外のイノベーション事例を伝えるウェブメディア「Mugendai(無限大)」は、クラウドソーシングによって、新刊書が全国の点字図書館へ配布されるスピードが増したと紹介しています。

そこで日本IBMは、社会貢献活動の一環として、読書困難者向け電子書籍化プロジェクトを支援しています。具体的には、日本IBM東京基礎研究所で開発を行っている書籍電子化支援システムを、日本点字図書館に提供。市販のOCRツールで読み取ったテキストデータの誤りを、書籍電子化支援システムを活用して検知・修正します。このテキスト修正を行ったのが、クラウドソーシングで参加したボランティアでした。全国から集った不特定多数の参加者の協力によって、迅速かつ効率的に校正され完成した電子書籍は、サピエ図書館の蔵書に加えられていきます。これにより、読書困難者がいち早く新刊書を読めるようになったのです。

企業、個人を問わず、昨今さまざまな活用例が聞かれるようになったクラウドソーシング。この事例を見るに、他にも活用できるシーンがあるように感じます。

「Mugendai(無限大)」では今回取り上げたイノベーションの事例をはじめ、テクノロジーを活用方法や、キーパーソンへのインタビュー記事などを掲載しています。下記リンクよりチェックしてみてください。

世界中のだれもが力になれる!クラウドソーシングで、点字図書館のデジタル化推進に貢献 | Mugendai(無限大)

(ライフハッカー[日本版]編集部)

Photo by Thinkstock/Getty Images.
swiper-button-prev
swiper-button-next