特集
カテゴリー
タグ
メディア

メールで誉められたら「自慢フォルダ」に入れておくと後で役に立ちます

メールで誉められたら「自慢フォルダ」に入れておくと後で役に立ちます

急に履歴書が必要になった時に、今の仕事でどんな業績をあげたのか、すべてをすぐに思い出すのは難しいものです。「The Daily Muse」では、そんな時のためにメールに「自慢フォルダ」を作り、少しでもお誉めの言葉をいただいた時はそこに入れて貯めておくことを勧めています。

メールで、クライアントから賞賛の声をいただいたり、同僚から部署の最近のプロジェクトに対する貢献に感嘆されたり、上司に新しい仕事を任されたりしたら、すぐにそれを「自慢フォルダ」に入れます。

たとえ、その賞賛の声や内容が履歴書に書くほどのものではなくても、フォルダをスクロールしながらうれしいメッセージを眺めていると、もっとがんばろうとやる気も出てきます。さらに、どこを見てもやる気をそぐようなものがなく、気分が良くなる場所があるというのもいいです。

当然ながら、急に履歴書を書かなければならないような状態を望む人はいないでしょうが、自分の成し遂げたことや業績がすぐに分かるものをひとつにまとめておくと、いざという時に便利だということです。

A Simple Trick to Always Keep Your Resume Updated|The Daily Muse

Mihir Patkar(原文/訳:的野裕子)

swiper-button-prev
swiper-button-next