特集
カテゴリー
タグ
メディア

ムダ使いを防ぐルール「手に取らず一本指で触れる」

ムダ使いを防ぐルール「手に取らず一本指で触れる」

UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の研究によると、「商品に触るとその商品を買いたくなる」という傾向があるそうです。この説を逆手にとり、ファイナンシャルライターであるKim McGriggさんは「一本指ルール」を薦めています。UCLAの研究によると、触れることにより「所有している」という錯覚を抱き、この所有感こそが、私たちの散財欲に多大なる影響を与えているのだとか。購入の決断をする場合に、この研究結果を踏まえて参考にすることが重要であるとMcGriggさんは語っています。そこで彼女が提案しているのが、『一本指ルール』という概念です。

好きな物に触れてもいいのですが、ただし一本の指のみで触れてください。私が博物館を訪れた際に、とても我慢強いボランティアの方が、就学前の子供たち30人にいろんな動物の毛皮を触れさせていた際に、「触り方は一本指で」という条件付きだったのです。それを見た後に私はこのルールを思いつきました。一本指ルールは美しいほどに機能的だったので、これは買い物のルールにするべきだと考えました。

このルールは子供たちにも効果的です。触ってみたい、という欲求を満たしつつ、取り扱いを誤ってしまう危険性を回避してくれます。大人であっても、やはり触ってみたいという子供のころから変わることのない欲求があります。この一本指ルールを使うことにより、所有しているという錯覚に陥ることが避けられるので、トントン拍子につい買ってしまうような散財予防にも効果があります。

オンラインショッピングには適応できない戦略かもしれませんが、実際に商品に触れることができるなら試してみる価値はありそうです。

The Effect of Mere Touch on Perceived Ownership | UCLA Anderson via Money Management

Kristin Wong(原文/訳:まいるす・ゑびす)

Photo by Tsahi Levent-Levi.
swiper-button-prev
swiper-button-next