特集
カテゴリー
タグ
メディア

アプリ紹介やプレゼン素材、ゲーム実況にも最適。開いているタブを動画キャプチャーできるChrome拡張機能

  • カテゴリー:
  • TOOL
アプリ紹介やプレゼン素材、ゲーム実況にも最適。開いているタブを動画キャプチャーできるChrome拡張機能

Screencastify』は、開いているタブを動画キャプチャーできるChrome拡張機能です。カーソルもそのまま録画できるので、アプリの使い方の説明やプレゼン用の動画を作るときに役立ちます。また、ウェブカメラと連携して、自分をワイプ撮りすることも可能です。まずはScreencastifyをダウンロードしましょう。すると、Chromeの右上に映画のフィルムのようなアイコンが追加されると思います。

140330screencastify1.jpg

拡張機能を起動すると、解像度や音声録画の有無を選べます。「Start Recording」を押せば、画面の録画がはじまります。

140330screencastify2.jpg

「Embed webcam video in bottom-right corner」を選択すると、このように自分をワイプ撮りすることもできます(画面右下にワイプ画面が出ます)。

140330screencastify3.jpg

「Stop Recording」を押せば録画が終わります。録画した動画は「Your Screencasts」に追加され、ローカルに保存したり、「YouTube」や「Google Drive」にアップロードしたりも可能です。

140330screencastify4.jpg

やや上級者向けですが、スクリーン全体をキャプチャできる機能も搭載されています。この機能を使うには、まず「chrome://flags」から「getUserMedia() でスクリーン キャプチャのサポート」を有効にする必要があります。アドレスバーに「chrome://flags」を入力し、有効にしてください。有効にしたら、拡張機能をクリックしてCaptureの設定を「Desktop」に切り替えましょう。

この拡張機能を使えば、アプリの操作方法を他人に動画で共有したいという時に便利。PowerPointで作った動画をYouTubeにアップするという使い方も良いでしょう。Flashコンテンツもキャプチャ可能なので、ゲームのプレイ動画を紹介したい時にも使えます。いろんな使い方ができそうなChrome拡張機能です。

Screencastify

(安齋慎平)

swiper-button-prev
swiper-button-next