特集
カテゴリー
タグ
メディア

皮がカリカリなチキンソテーをつくる金言「冷たいフライパンからはじめよ」

皮がカリカリなチキンソテーをつくる金言「冷たいフライパンからはじめよ」

鶏肉に美味しい焼き目をつけて、カリカリな食感に仕上げたいのなら「America's Test Kistchen」のアドバイスは必見です。ステーキを焼く時に使うような熱したフライパンではなく、冷たいままのフライパンを使うことが鍵なのだそう。鍵となるのは、鶏肉とフライパンが同じ温度で上がっていくようにすることです。こうすることで鶏肉の脂を溶かし、身を焼き過ぎずに皮の部分をカリカリに仕上げるのにピッタリの時間となります。

記事冒頭のビデオでは何枚かの鶏胸肉を使い、わかりやすく説明してくれています。脂が溶け出しやすくするように、鋭いナイフで皮に何本か切れ目を入れた方が良いかもしれません。他にこのコツを実行するのに必要な手順は特にありません。

America's Test Kistchenは鶏肉を叩き、重しを使うか鍋を上に置くことで、肉を平らに保ったまま焼くことをおすすめしています。しかし、本当に均一さを求めていなければ必要ないでしょう。

A Groundbreaking Way to Get Shatteringly Crisp Chicken Skin | America's Test Kitchen

Alan Henry(原文

swiper-button-prev
swiper-button-next