特集
カテゴリー
タグ
メディア

収入印紙が必要な金額、3万円→5万円に変更へ(2014年4月1日より)

収入印紙が必要な金額、3万円→5万円に変更へ(2014年4月1日より)

知らないと、貼りすぎて損をしてしまうかもしれませんよ。

現状、3万円以上の現金決済を行った場合、領収書やレシートなどに「収入印紙」を貼らなくてはなりません。この度、印紙税に関する基準が改められ、平成26年4月1日以降は5万円以上にまで引き上げられました(5万円未満が非課税対象に)。

すでに適用時期となっていますので、販売などのお仕事をされている人は要注意です。ちなみに、税理士である井ノ上陽一さんのブログ「EX-IT」によると、領収書に消費税が明記されていれば、「消費税抜きで5万円まで」と考えて良いそうです。EX-ITには「貼りすぎた場合はどうなる?」など、その他の事例もまとめられていましたので、併せてチェックしておくとよいでしょう。

領収証やレシートに係る印紙税について|国税広報参考資料|国税庁

貼りすぎに注意!4/1からは印紙税も変わる!5万円未満は非課税&印紙Q&A | EX-IT

(長谷川賢人)

Photo by holy z.
swiper-button-prev
swiper-button-next